Rakuten infoseek

辞書

三奉行【さんぶぎょう】

とっさの日本語便利帳

三奉行
江戸幕府における、寺社奉行、町奉行、勘定奉行の総称。寺社奉行は寺社および寺社領の管理、町奉行(南町奉行所北町奉行所に分かれる)は江戸市中の立法行政警察消防などの市政、勘定奉行は幕府直轄地の租税財政・行政を担当した。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

さんぶぎょう【三奉行】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんぶぎょう【三奉行】
江戸幕府の寺社奉行・町奉行・勘定奉行の総称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐ぶぎょう ‥ブギャウ【三奉行】
[1] 〘名〙 江戸幕府の寺社奉行・町奉行・勘定奉行の総称。これらが評定所一座を構成した。〔職掌録(18C中‐後)〕
[2] 豊臣時代、五奉行のうち権勢が特に強大であった石田三成・増田長盛・長束正家の三人の称。
※太閤記(1625)一七「秀次公天下之家督を請させ給ひてより、某を三奉行之内に加へさせ給ひき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

三奉行
さんぶぎょう
江戸時代,寺社奉行・町奉行・勘定奉行の総称
宗教行政・江戸市政・幕府財政のそれぞれの担当者として重んじられた。評定所江戸幕府最高裁判機関)の主要構成員でもある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐ぶぎょう〔‐ブギヤウ〕【三奉行】
江戸幕府の三つの奉行寺社奉行勘定奉行町奉行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三奉行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三奉行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.