Rakuten infoseek

辞書

三叉神経【さんさしんけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三叉神経
さんさしんけい
trigeminal nerve
脳神経の第5対で,感覚性の大部と運動性の小部から成る混合神経。菱脳より発し,感覚性の大部は三叉 (半月) 神経節をつくり,その先が眼神経上顎神経下顎神経に分れる。運動性の小部は三叉神経節の内側を経て,下顎神経と合し,咀しゃく筋の運動を支配するを出す。感覚性の大部は顔面の全部の皮膚と鼻腔および口腔,上下歯牙の全部に分布し,眼神経には毛様体神経節,上顎神経には翼口蓋神経節,下顎神経には耳神経節と顎下神経節がついている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんさ‐しんけい【三×叉神経】
延髄から出て、眼神経・上顎(じょうがく)神経・下顎神経の三つに分かれる神経。第五脳神経で、顔面の知覚咬筋(こうきん)の運動をつかさどる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

三叉神経
 第V脳神経で,眼神経,上顎神経,下顎神経に分かれ,主に顔面周囲に分布している.その大部分感覚神経である.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんさしんけい【三叉神経 nervous trigeminus】
第5脳神経ともよばれ,頭顔部の皮膚,歯髄,口腔粘膜,舌の前方2/3の領域の粘膜,鼻腔粘膜,眼球眼瞼結膜,角膜,外耳道や鼓膜の一部などからの表在性感覚(触覚痛覚,温度覚。なお,ハブにある赤外線をとらえる孔器pit organには三叉神経が密に分布している)のほか,表情筋・咀嚼(そしやく)筋・外眼筋・舌筋などからの筋肉の感覚や,歯根膜・顎関節などからの深部感覚を脳に伝達する感覚神経である。この神経は脳神経のなかでは最も太く,脳幹の〈橋(きよう)〉とよばれる部分へ入る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんさしんけい【三叉神経】
脳神経の中で最も太いもの。橋きようの手前にある三叉神経節から出て、末梢に向かう方の突起が眼神経・上顎神経・下顎神経の三枝に分かれる。頭部および顔面の大部分の感覚と咀嚼そしやく運動を支配。第五脳神経。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんさ‐しんけい【三叉神経】
〘名〙 脊椎動物の第五対目の脳神経。延髄に発して、眼神経・上顎神経・下顎神経の三枝に分かれるのでこの名がある。顔面の皮膚などに分布して知覚をつかさどり、特に下顎神経は咀嚼(そしゃく)筋などの運動にもあずかる。第五脳神経。〔医語類聚(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三叉神経
さんさしんけい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三叉神経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三叉神経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.