Rakuten infoseek

辞書

三叉神経痛【さんさしんけいつう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

三叉神経痛
さんさしんけいつう
trigeminal neuralgia
三叉神経走路に沿って顔面に発生する疼痛発作。いわゆる顔面神経痛のこと。三叉神経の全領域を襲うことはまれで,普通は片側,さらに眼周辺,上顎,あるいは下顎というようにその一分枝に限られる。原因不明の特発性のものもあるが,明らかに原因となる基礎疾患がある場合はこれを取除き,あるいは対症的に各種の鎮痛剤で治療する。激痛の場合は,神経根部のアルコール注射 (アルコールブロック) が奏功することがある。原因としては,脳底腫瘍,髄膜炎,眼,鼻,歯の病気,腸チフスインフルエンザなどの感染症があり,発作は顔になんらかの刺激を受けたときに誘発される。疼痛部位にヘルペスの発生をみることもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんさ‐しんけいつう【三×叉神経痛】
三叉神経の分布領域に生じる痛み。顔半面にみられ、針を刺すような激しい痛みで、俗に顔面神経痛という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんさしんけいつう【三叉神経痛 trigeminal neuralgia】
顔面の発作的かつ瞬間的(2~3秒)な電撃様の強い痛み。通常,40歳以上に発症し女性に多い。種々の因子により誘発され,顔面のある部分に触れたり,しゃべったり,あくびをしたり,物をかんだりすると起こる。触れることによって痛みを誘発する部位を引金点trigger pointといい,鼻翼,歯肉,硬口蓋,下口唇付近に多い。痛み以外には三叉神経障害の症状は認められない。病理学的にも三叉神経そのものには病変がみられず,大多数は三叉神経の脳幹進入部における血管圧迫による。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんさしんけいつう【三叉神経痛】
三叉神経の分布領域に起こる疼痛とうつう発作。多くは原因不明。顔面神経痛。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

三叉神経痛
さんさしんけいつう
顔面に分布する三叉神経知覚枝領域に突発的におこる神経痛の総称である。脳腫瘍(しゅよう)、脳動脈瘤(りゅう)、副鼻腔(ふくびくう)の炎症や悪性腫瘍、むし歯、ウイルス感染症、全身性代謝性疾患などが原因のこともあるが、多くは原因不明であり、むしろこのほうを一般的に三叉神経痛とよぶ場合が多い。病因論的には諸説があって定説がまだないが、三叉神経の知覚枝そのものの加齢に伴う変化に関連しておこるとする説が有力である。ただし最近になって、三叉神経根に対する動脈、静脈、腫瘍の圧迫が原因であるとの説が有力であり、この圧迫を手術的に取り除く治療法、神経血管減圧術とともに注目を集めている。圧迫病変としては、大部分が上小脳動脈であり、一部に前下小脳動脈、腫瘍、静脈などがあげられる。
 発症は50歳以降で、女性にやや多い。症状は「電気が走るような」とか「針が刺さるような」などと表現される片側顔面に突然おこる激痛発作で、痛みの持続時間は数秒から長くても1分程度であるが、多くは反復する。また症状が、年余にわたって続くことも珍しくない。疼痛(とうつう)は、三叉神経の第2枝および第3枝にみられることが多く、第1枝は少ない。また、ときには二つの枝の範囲に及ぶこともあるが、両側性の発症は例外的である。なお、発痛帯(トリガーゾーンtrigger zone)とよばれる部位に触れたり押したりすると疼痛発作を誘発できることがあり、また会話や食物摂取などの顔面筋の動きで誘発される場合もある。
 患者の訴えを詳細に聞くことによって診断は確実であるが、原因疾患の有無を明らかにするため十分な検査が行われる。治療の中心となるのは、鎮痛剤、抗けいれん剤、精神安定剤、ビタミン剤といった薬物療法である。しかし、しばしば難治性で長期間続くため、神経そのものの切断術や、アルコール、グリセオールなどを注射して変性させる治療も試みられる。さらに場合によっては、頭蓋(とうがい)内での三叉神経知覚枝の切断、前述の神経への血管の減圧手術(神経血管減圧術)、定位的脳手術なども行われる。また、最近になってガンマナイフによる治療が有効であることがわかってきている。[加川瑞夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんさ‐しんけいつう【三叉神経痛】
〘名〙 三叉神経の知覚枝に異常が起きて顔面に激痛を感ずる病気。原因不明で発作的に痛む特発性のものと、脳底腫瘍(しゅよう)、副鼻腔炎、虫歯などが原因で持続的に痛む症候性のものとがある。俗称、顔面神経痛。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

三叉神経痛(頭痛)
(5)三叉神経痛(trigeminal neuralgia)
概念
 三叉神経第2枝および第3枝支配領域に出現する短時間の電撃痛である.
分類
 ICHD-Ⅱでは,舌咽神経痛などとともに「頭部神経痛および中枢性顔面痛」に含まれる.血管性圧迫以外の器質的病変が原因となる場合は症候性三叉神経痛,それ以外は典型的三叉神経痛に分類される.
疫学
 10万人あたりの年間発症数は4.3人で,男女比は1:1.73と女性に多い.年齢が進むにつれ発症者が増加する.
病因・病態生理
 典型的三叉神経痛の原因は,三叉神経のroot entry zoneでの血管による圧迫とされている.
臨床症状・診断
 三叉神経支配領域の第2枝および第3枝領域に好発する一側性電撃様あるいは穿刺様の疼痛である.持続時間は数分の1秒〜2分と短い.多くの症例で,顔面の特定の部位に触れると神経痛が誘発されるトリガー域といわれる部位を有する.トリガー域は,口唇・鼻翼・鼻唇溝・頬・歯肉などに認められる.診断はICHD-Ⅱの診断基準に従う(表15-17-6).症候性三叉神経痛の原因には,多発性硬化症や類上皮腫・髄膜腫・神経鞘腫などの腫瘍がありこれらを鑑別する必要がある.
治療
 薬物療法が試みられ,不応例に対して神経血管減圧術などの外科的治療が考慮される.第一選択薬はカルバマゼピンであり,その他の選択薬としてはバクロフェン,クロナゼパム,フェニトイン,バルプロ酸などがある.[清水利彦・鈴木則宏]
■文献
日本頭痛学会・国際頭痛分類普及委員会訳:国際頭痛分類第2版 新訂増補日本語版,医学書院,東京,2007.
日本頭痛学会編:慢性頭痛の診療ガイドライン,医学書院,東京,2006.

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

三叉神経痛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三叉神経痛の関連情報

他サービスで検索

「三叉神経痛」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.