Rakuten infoseek

辞書

三十八度線【サンジュウハチドセン】

デジタル大辞泉

さんじゅうはちど‐せん〔サンジフハチド‐〕【三十八度線】
朝鮮半島中央部を横断する北緯38度線のこと。第二次大戦後、ヤルタ協定の秘密条項によりこの線の北をソ連、南を米国が占領。のちに朝鮮民主主義人民共和国大韓民国が成立。朝鮮戦争発火点となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

三十八度線
佐々木祝雄によるノンフィクション。朝鮮半島で終戦を迎えた著者が三十八度線を越えて引揚げ帰国を果たすまでの体験を綴る。1957年刊行。第6回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんじゅうはちどせん【三十八度線】
朝鮮半島のほぼ中央部を横断している北緯38度線のこと。第二次大戦後、この線をほぼ境にして北はソ連、南はアメリカが占領。のち北と南にそれぞれ朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国とが成立。この線の付近に軍事境界線が引かれている。 → 朝鮮戦争

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんじゅうはちど‐せん サンジフ‥【三十八度線】
特に、朝鮮半島中央部を横断する北緯三八度の緯線をいう。第二次世界大戦後この線の北側を旧ソ連が、南側をアメリカが軍事占領し、一九四八年朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国とが成立。朝鮮戦争の発火点となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三十八度線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三十八度線の関連情報

他サービスで検索

「三十八度線」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.