Rakuten infoseek

辞書

三八【サンパチ】

デジタル大辞泉

さん‐ぱち【三八】

数の3と8。また、日や月の3と8。
三八式歩兵銃」の
青森県南東部、岩手県との県境に位置する地域の通称。八戸(はちのへ)市と5町1村からなる。名は、三戸(さんのへ)郡の「三」と八戸市の「八」から。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

三八 さんぱち
1752-? 江戸時代中期の漂流民の子。
宝暦2年ロシアのヤクーツク生まれ。父三之助は,延享元年遭難して千島列島に漂着した陸奥(むつ)佐井村(青森県)の多賀丸乗組員。イルクーツクの日本語学校でまなび,天明2年「レキシコン」とよばれる露日辞典を編集して科学アカデミーに提出した。ロシア名はアンドレイ=イワノビッチ=タタリノフ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

精選版 日本国語大辞典

さん‐ぱち【三八】
〘名〙
① 数の三と八。また、日や月の三と八。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕
② 仏語。毎月三と八の日に念誦すること。また、その日。さんぱちにち(三八日)。
※空華日用工夫略集‐永徳三年(1383)一二月一八日「住持普明国師与余議定本寺行事礼数十余件。所謂四時・三時・二時・四節・三八等、大半倣天龍之例
③ (三と八との積で) 二四歳。
※浮世草子・好色床談義(1689)一「つらつらおもんみれば、年のほど三八のうちそとに見へ」
⑤ 竹刀(しない)で三尺八寸(約一一五センチメートル)の長さのものをいう。
⑥ 下人や草履取などの通名。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「サンシチ、サンキチ、イチノ ジョウ、イチノ スケ、Sampachi(サンパチ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三八」の用語解説はコトバンクが提供しています。

三八の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.