Rakuten infoseek

辞書

【ジョウ】

デジタル大辞泉

じょう〔ヂヤウ〕【丈】
[名]
尺貫法の長さの単位。10尺。1丈は、曲尺(かねじゃく)で約3.03メートル、鯨尺で約3.79メートル。
たけ。長さ。「の短い反物」
杖(じょう)2」に同じ。
[接尾]
歌舞伎俳優などの芸名に付けて、敬意を表す。「尾上菊五郎
男性の名前の下に付けて、尊敬の意を表す。
「これ新兵衛―」〈浄・いろは蔵三組盃〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょう【丈】[漢字項目]
常用漢字] [音]ジョウ(ヂャウ)(呉) [訓]たけ だけ
〈ジョウ〉
長さの単位。一尺の一〇倍。「丈六千丈万丈(ばんじょう)方丈
背が高い。「丈夫(じょうふ)
じょうぶ。しっかりしている。「頑丈気丈
長老に対する敬称。「丈人岳丈
〈たけ(だけ)〉「着丈背丈身丈威丈高(いたけだか)
[名のり]とも・ひろ・ます
[難読]丈夫(ますらお)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たき【丈/長】
たけ(丈)」に同じ。
「身―一丈(ひとつゑ)」〈景行紀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たけ【丈/長】
人や物の高さ。「身の―」「草の―」
衣服の全体または部分の長さ。「スカートの―を詰める」「袖―」
馬の、足から肩までの高さが4尺(約1.2メートル)から4尺9寸(約1.5メートル)までのものの称。転じて、背丈の高い馬のこと。
あるだけ全部。ある限り。ありたけ。「思いの―を打ち明ける」
いきおい。また、軍勢。
「軍の―劣りたるに依て」〈今昔・一〇・一〉
歌論で、歌の品位や風格。
「歌の心たくみに―及びがたく」〈近代秀歌
[下接語]有りっ丈居丈襟丈思いの丈着丈草丈首丈首っ丈心の丈背丈袖(そで)丈対(つい)丈成る丈軒丈身丈身の丈裄(ゆき)丈

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょう【丈】
尺貫法における長さの単位。古代中国から,また日本では大宝令以前から用いられてきた。10尺に等しく,1891年制定の度量衡法によれば約3.03m。【三宅 史】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

じょう【丈】
( 名 )
尺貫法の長さの単位。一〇尺。1891年(明治24)100メートルを三三丈と定めた。
長さ。たけ。丈尺。
じよう 」に同じ。
( 接尾 )
芸人の名前に付けて、敬意を表す。 「尾上菊五郎-」
近世、男性の名前に付けて、敬意を表す。 「武兵衛-/浄瑠璃・潤色江戸紫」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

じょう【丈】
尺貫法の長さの単位。10尺が1丈。約3.03m。◇「丈」は古代中国の周代から用いられてきた。ただし、周尺では「1丈」は約1.7mで、成人男子の身長にあたるため、立派な男子を「大丈夫」といった。これがやがて「非常にしっかりしている」に変化し、さらに現在のように「確かである」「間違いない」意に変化して用いられるようになった。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


じょう
尺貫法の長さの単位。10尺をいう。約3.03メートルに相当する。古代中国の周代から用いられてきた。『説文』によれば「丈丈夫也、周以八寸為尺、十尺為丈、人長八尺故曰丈夫」とあり、周は8寸(後漢(ごかん)の尺で実長約6寸)を1尺としたので、1丈を現在の基準に直すと実質6尺となる。ちょうど一人前の身長分にあたるので、「丈夫」ということばができた。[小泉袈裟勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丈の関連情報

他サービスで検索

「丈」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.