Rakuten infoseek

辞書

万葉【マンニョウ】

デジタル大辞泉

まん‐にょう〔‐エフ〕【万葉】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まん‐よう〔‐エフ〕【万葉】
連声(れんじょう)で「まんにょう」とも》
多くの木の葉。あらゆる草木の葉。
万世。よろずよ。
「成敗一統に帰し、大化―に伝はること」〈太平記・一四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まんよう【万葉】[書名]
連声(れんじょう)で「まんにょう」とも》「万葉集」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

万葉
日本のフェリー。全長85.5メートル。総トン数1560トン。旅客定員482人。2011年3月竣工。長崎県長崎港から福江(五島列島)を結ぶ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万葉(まんば)
香川県で生産される葉物野菜高菜の一種。根葉暗紫色を帯び、しわがある。やらわかな葉や茎を食用にする。「万葉」は県東部での呼称で、西部では「百華」という。江戸時代にはすでに栽培されていた。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

まんにょう【万葉】
「まんよう」の連声。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まんよう【万葉】
たくさんの木の葉。ばんよう。 「木がらしあわただしく-みだれ/仮名草子・可笑記」
多くの時代。万世。よろず世。ばんよう。 「大化-に伝はる/太平記 14
万葉集の略称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まんにょう マンエフ【万葉】
〘名〙 (「まんよう」の連声) ⇒まんよう(万葉)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まん‐よう ‥エフ【万葉】
(連声で「まんにょう」とも)
[1] 〘名〙
① あらゆる草木の葉。多くの葉。
文華秀麗集(818)下・神泉苑九日落葉篇〈巨勢識人〉「高颸一猟欲吹尽、灑落寒声万葉吟」 〔淮南子‐繆称訓〕
② (「葉」は世・時代の意) よろずよ。万世。万代。
※日本後紀‐延暦一六年(797)二月己巳「彰善癉悪、伝万葉而作鑒」 〔晉書‐武帝紀〕
雑俳・松の雨(1750か)「万葉はあて字のやうに思はるる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万葉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

万葉の関連情報

他サービスで検索

「万葉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.