Rakuten infoseek

辞書

万葉がな【まんようがな】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

万葉がな
まんようがな
日本における漢字の用法の一つ。日本語を,原則としてその意味とは無関係に,その音と同一あるいは類似の音 (→漢字音 ) または訓をもつ漢字を用いて表記したもの。『万葉集』に多く用いられているのでこの名があるが,別名「真仮名 (まがな) 」ともいう。漢字の音を利用したものを「音仮名」 (阿里〈アリ=有〉,夜麻〈ヤマ=山〉) ,訓を利用したものを「訓仮名」 (日香(流)〈ヒカ(ル)=光〉,山跡〈ヤマト=倭〉) という。奈良時代までは,同音を表記する異字が増加の傾向にあったが,奈良時代末頃からは次第に単純化し,1字1音節のものが用いられ,異字も少くなっていった。平安時代になってひらがな片仮名が発生するに及び,万葉がなは次第に用いられなくなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万葉がな」の用語解説はコトバンクが提供しています。

万葉がなの関連情報

他サービスで検索

「万葉がな」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.