Rakuten infoseek

辞書

万多親王【まんだしんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

万多親王
まんだしんのう
[生]延暦7(788)
[没]天長7(830).4.21. 京都
桓武天皇の第5皇子。母は藤原鷲取の娘。初め「茨田 (まんだ) 」と書いたが,延暦 23 (804) 年改名。官位は二品 (にほん) ,式部卿,中務卿,大宰帥となり,死後一品を贈られた。藤原園人,藤原緒嗣らと勅を奉じて『新撰姓氏録』の編纂に従い,弘仁6 (815) 年奉進した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

万多親王 まんたしんのう
788-830 平安時代前期,桓武(かんむ)天皇の第5皇子。
延暦(えんりゃく)7年生まれ。母は中務大輔(なかつかさのたいふ)藤原鷲取の娘小屎(おぐそ)。延暦23年茨田を万多とあらためる。藤原園人(そのひと)らと「新撰姓氏録(しょうじろく)」を編修。式部卿,大宰帥(だざいのそち)などをつとめた。天長7年4月21日死去。43歳。一品(いっぽん)をおくられた。子に正躬(まさみ)王,正行(まさゆき)王ら。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まんだしんのう【万多親王】
788‐830(延暦7‐天長7)
桓武天皇の第5皇子。母は藤原鷲取の女,子に正行王・雄風王・正躬王らがいた。もと茨田親王。815年(弘仁6)に《新撰姓氏録》を藤原園人らとともに編纂した人として知られる。時に中務卿で四品の位を帯びていた。817年1月,三品に昇り,823年9月に式部卿となった。830年4月,二品となり,同月没し,一品の位を贈られた。【佐伯 有清】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

万多親王
まんだしんのう
(788―830)
桓武(かんむ)天皇第五皇子。母は藤原鷲取(わしとり)の娘。804年(延暦23)茨田(まんだ)を改め万多とし、その後四品(しほん)を賜り中務卿(なかつかさきょう)となった。最高責任者として『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』の編纂(へんさん)に従事し、814年(弘仁5)完成させ、翌年再上表した。その後式部卿、大宰帥(だざいのそち)などを歴任し、830年(天長7)4月二品を授けられ、同月21日死去し一品を贈られた。その子に正躬(まさみ)王、正行(まさゆき)王、雄風(おかぜ)王らがある。[福井俊彦]
『佐伯有清著『新撰姓氏録の研究 研究篇』(1963・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

万多親王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

万多親王の関連情報

関連キーワード

アブドアッラフマーンアブド・アッラフマーン[1世]延暦寺アブドゥルラフマーンアブドゥル・ラフマーン1世ヒシャーム1世海損根本中堂協力雇用主延暦寺

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.