Rakuten infoseek

辞書

七雄【しちゆう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

七雄
しちゆう
Qi-xiong; Ch`i-hsiung
中国の戦国時代に活躍した7諸侯国。をさし,漢代から戦国の七雄と呼称された。戦国初期には魏が強く,続いて稷下 (しょっか) の学で有名な威王・宣王時代の斉が強く,後期は商鞅 (しょうおう) を用いた孝公からの秦が強大になり,ついに他の6国を併合した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しち‐ゆう【七雄】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しちゆう【七雄 Qī xióng】
中国,戦国時代の7強国のことで戦国の七雄といい,秦,楚,斉,燕,韓,魏,趙を指す。中原の大国晋が卿(けい)(重臣)によって韓,魏,趙の3国に分割された紀元前5世紀後半になると,東方では権臣田氏が実権を握る斉,北方には旧大国の燕,西方には発展途上の秦,南方には広大な領土を誇る楚の7ヵ国が成立し終わり,世は戦国時代に入る。これら七雄の中でまず大きな発展をとげたのは中原の文明国の魏であり,ついで東方の経済大国の斉であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しちゆう【七雄】
中国の戦国時代における、秦・楚・燕・斉・趙・魏・韓の七強国。
日本の戦国時代における、織田信長・毛利元就もとなり・今川義元・武田信玄・上杉謙信・北条氏康・豊臣秀吉の七将。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しち‐ゆう【七雄】
[一] 中国、戦国時代の七強国。すなわち、秦・楚・燕・斉・趙・魏・韓のこと。〔延宝八年合類節用集(1680)〕 〔班固‐答賓戯設難〕
[二] 日本の戦国時代における七諸侯。すなわち、織田信長・毛利元就・今川義元・武田信玄・上杉謙信・北条氏康・豊臣秀吉のこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七雄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

七雄の関連情報

他サービスで検索

「七雄」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.