Rakuten infoseek

辞書

七宝【しちほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

七宝
しちほう
仏典中に列挙される7種の宝。7種は必ずしも一定しないが,代表的なものとしては,金,銀,瑠璃玻璃 (はり。水晶) ,しゃこ (貝) ,珊瑚瑪瑙 (めのう) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七宝
しっぽう
愛知県西部,あま市南西部の旧町域。名古屋市西郊に位置する。1966年町制。2010年美和町,甚目寺町の 2町と合体してあま市となった。米作を主とするが,北部の遠島と中西部の安松を中心とする七宝焼で全国的に有名。花瓶,皿,カフスボタン,ネクタイピンなどを生産する。七宝焼は嘉永3(1850)年尾張藩の技芸御雇林庄五郎が始め,「尾張七宝」といわれて農閑期を利用した家内工業として発展した。近年は都市化が進み,住宅地の増加も著しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七宝
しっぽう
enamel; émail
七宝焼の略語。英語でエナメルフランス語エマイユと呼ばれる。金属面に加飾しようとする文様の輪郭を金属細線でかたどったり,表面をくぼませたりして,ガラス質の色釉 (エナメル) を詰めて加熱,溶着させたもの。西方では古代メソポタミアや古代エジプトに始ってビザンチン時代に栄え,近代になるに従って衰えた。中国では西周時代に興り,明・清時代に最盛期に達した。日本では古墳時代に始って奈良時代に一時栄えたが,その後中断して桃山時代に復活。江戸時代以降は刀装具,建築装飾金具,置物類などに応用され,幕末~明治年間には花器,ふた物などの器物が量産された。多く海外に輸出され,日本の特産品として有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しち‐ほう【七宝】
仏教で、7種の宝。無量寿経では瑠璃(るり)玻璃(はり)硨磲(しゃこ)珊瑚(さんご)瑪瑙(めのう)法華経では金・銀・瑪瑙・瑠璃・硨磲・真珠玫瑰(まいかい)。七種(ななくさ)の宝。七珍。しっぽう。
しっぽう(七宝)2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しっ‐ぽう【七宝】
しちほう(七宝)1」に同じ。
七宝焼き」の略。
七宝繋(つな)ぎ」の略。
紋所の名。七宝文図案化したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

七宝
正式社名「株式会社七宝」。卸売業。昭和47年(1972)設立。本社は香川県三豊市豊中町岡本。タマネギ種子の品種改良・販売会社。国内需要の約半量を供給。生産は七宝玉葱採種組合に委託。北海道に試験農場を持つ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しっぽう【七宝】
七宝焼の略。ホウロウ(琺瑯)ともいい,英語のエナメルenamel,フランス語のエマイユémailにあたる。金属の素地にガラス釉(ゆう)を焼きつけて装飾する工芸。ふつう素地の金属には銅を用いるが,青銅,金,銀,磁器なども用いられる。その素地の上に薄く扁平な金,銀や銅の針金で模様の輪郭線をつくり,シランの根からとった白及糊(しらおいのり)で接着させる。これにガラス釉を施して,1000℃前後で焼くと釉は焼きしまる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しっぽう【七宝】
仏教の経典に説かれる7種の宝石のこと。〈しちほう〉ともいう。それらの名称は経典によって多少の相違があり,たとえば《法華経》では金,銀,瑠璃(るり),硨磲(しやこ),瑪瑙(めのう),真珠,玫瑰(まいかい)の七つを掲げるが,《大無量寿経》では金,銀,瑠璃,珊瑚(さんご),琥珀(こはく),硨磲,瑪瑙,また《阿弥陀経》では金,銀,瑠璃,玻瓈(はり),硨磲,赤珠(しやくしゆ),瑪瑙,などとなっている。これらの相違は,多くは翻訳時の原語の解釈の相違によるものと考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しちほう【七宝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しちほう【七宝】
〘仏〙 七つの宝物。経典によって説が分かれるが、「無量寿経」では、金・銀・瑠璃るり・玻璃はり・硨磲しやこ・瑪瑙めのう・珊瑚さんごをいう。「法華経」では、玻璃・珊瑚を除き真珠・玫瑰まいかいを入れる。七珍。 「恰も極楽浄土の-荘厳の有様も、かくやと覚ゆるばかりなり/太平記 8」 → しっぽう(七宝)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しっぽう【七宝】
〘仏〙 「しちほう(七宝)」に同じ。
七宝焼き」の略。
〔「四方」の転〕 「七宝繫つな」に同じ。
家紋の一。七宝繫ぎの一単位をもとに図案化したもの。
生け花の花留めの一。金属での形に作ったもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しっぽう【七宝】
愛知県西部、海部あま郡の町。名古屋市西隣に位置し、住宅地化。近郊農業地域。七宝焼で知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しち‐ほう【七宝】
〘名〙
① 仏語。七種の宝玉。無量寿経では、金・銀・瑠璃(るり)・玻璃(はり)・硨磲(しゃこ)・珊瑚(さんご)・瑪瑙(めのう)をいい、法華経では、金・銀・瑠璃・硨磲・瑪瑙・真珠・玫瑰(ばいかい)をいうなど、種々の数え方がある。七珍(しっちん)。しっぽう。
※性霊集‐一(835頃)喜雨歌「仏身裏、兄地獄、七宝上、不玉」
※宇津保(970‐999頃)国譲上「此の子日(ねのひ)、御前(おまへ)の物調じて、もてあそび物七ほうを尽して、し設けてこそ。装束(さうずく)いとうるはしく」
※増鏡(1368‐76頃)一一「帝釈の宮殿もかくやと、七ほうを集めてみがきたるさま、目もかかやく心ちす」 〔法華経‐授記品〕 〔白居易‐素屏謡〕
② 転輪聖王の持つ七種の宝。輪宝・象宝・馬宝・珠宝・女宝・居士宝・主兵臣宝をいう。〔倶舎論‐一二〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しっ‐ぽう【七宝】
〘名〙
※謡曲・葵上(1435頃)「七宝の露を払ひし篠懸(すずかけ)に、不浄を隔つる忍辱(にんにく)の袈裟(けさ)
※東京横浜毎日新聞‐明治一三年(1880)四月六日「後藤省三郎氏は、七宝製造のことに就き」
※風俗画報‐一一二号(1896)流行門「お納戸に山形、黒に破れ格子と七宝(シッポウ)、紅掛に七宝と夏菊、紫紺に違ひ絣」
④ 紋所の名。七宝繋(しっぽうつなぎ)を図案化したもの。七宝、星つき七宝、七宝に花菱、大岡七宝などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七宝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

七宝の関連情報

他サービスで検索

「七宝」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.