Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

七五調【しちごちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

七五調
しちごちょう
和歌,定型詩などで,7音の句と5音の句とが意味的に続き,7・5という形式をとる韻律短歌の場合には3句切れ,初句切れの歌がこの韻律になりやすい。例「月やあらぬ/春や昔の春ならぬ/わが身ひとつはもとの身にして」 (『古今集』) 。今様 (いまよう) では7・5,7・5と4回繰返して1首を構成する。例「仏は常にいませども/うつつならぬぞあはれなる/人の音せぬ暁に/ほのかに夢に見え給ふ」 (『梁塵秘抄』) 。五七調に比べて軽快な感じを与える。軍記物語謡曲の道行文,歌舞伎のせりふなどにも多用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しちご‐ちょう〔‐テウ〕【七五調】
和歌・歌謡・詩などで、7音句・5音句の順に繰り返す形式。また、それによって生じる韻律。
短歌で、五・七・五・七・七の第2句・第3句が緊密に続き、第3句で多く切れるもの。古今集以後発達した。→五七調

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しちごちょう【七五調】
文芸用語。主として歌論,詩論に用いられる語で,五七調とならんで,日本の詩歌における音数律の主たる一形式である。7音節とそれに続く5音節とが1単位となったものをいう。〈……今は野山し 近ければ 春はに たなびかれ 夏はうつせみ なき暮らし 秋は時雨に 袖を貸し 冬はにぞ 責めらるる ……〉。これは《古今和歌集》巻十九に収められた長歌の一部であるが,このように7・5/7・5/……と続くものを七五調と呼ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しちごちょう【七五調】
日本の詩歌・韻文などにおける音数律の一。七音節の句に五音節の句が続いたものを一単位としてこれを反復するもの。軽妙流麗な感じを与える調子で、今様歌いまよううた・語り物・詩などに多く用いられた。
短歌では第二、三句が密接に続いて三句で多少とも切れるもので、古今集以後発達した。 → 五七調

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

七五調
しちごちょう
日本の古典詩歌および韻文の韻律(調子)の名称で、五七調とともに、その基本をなすもの。一般的に日本古典韻文は5拍の句と7拍の句を基本単位にしており、その組合せにおいて「七五/七五/七五/……」の続き方をするものを七五調とよぶ。「いろはにほへと ちりぬるを/わかよたれそ つねならむ/……」といった調子がそれで、短歌では「天(あま)つ風/雲のかよひ路 吹きとぢよ/をとめの姿 しばしとどめむ」(『百人一首』、僧正遍昭(へんじょう))のように「五(/)七五/七七」の調子をいう。奈良朝末から五七調を圧倒し、平安朝・中世・近世を通して、和歌はもとより、各種の歌謡、『平家物語』『太平記』などの軍記、さらには謡曲、浄瑠璃(じょうるり)の詞章、歌舞伎(かぶき)の台詞(せりふ)など、きわめて広く七五調が用いられた。五七調が重厚荘重な調子であるのに比べて、七五調は軽快優美な調子で、平安朝以降の時代的欲求に合致したためだろうとされる。
 近代に入っても、新体詩は七五調を主流としたし、唱歌の類にも七五調が大いに用いられた。「汽笛一声 新橋を/はやわが汽車は 離れたり/……」(『鉄道唱歌』)などその数は多い。[佐佐木幸綱]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しちご‐ちょう ‥テウ【七五調】
〘名〙 日本の詩歌に用いる音数律の一形式。七音節の句のあとに、五音節の句をつづけたものを単位として反復するもの。調子のよいものとして長歌、歌謡、語り物、新体詩など、短歌では多く平安時代以降のもの、また、散文に好んで用いられる。→五七調
※俳句問答(1896)〈正岡子規〉「さりとて七五調ばかりを佳調と思へるは軽快を知りて荘重を知らざるなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七五調」の用語解説はコトバンクが提供しています。

七五調の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.