Rakuten infoseek

辞書

七つ【ナナツ】

デジタル大辞泉

なな‐つ【七つ】
数の名。六つの次、八つの前の自然数。7個。しち。なな。
7歳。
昔の時刻の名。今の午前4時および午後の4時ごろ。ななつどき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ななつ【七つ】
しち。七個。物の数を数えるとき使う。
七歳。
昔の時刻の名。今の午前と午後の四時頃。七つ時。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なな‐つ【七つ】
〘名〙 (「つ」は接尾語)
① 一の倍の数。しち。なな。また、物が七あること。七の個数。七個。
※枕(10C終)三〇二「薄色・白き・紅梅など、ななつ八つばかり着たるうへに」
② 第七番目。
※宇津保(970‐999頃)祭の使「かんだちめ、みこたち、かたわきてくらべたまふ。〈略〉六右かつ。ななつ左かつ。八右かつ」
③ 年齢の呼び方で、七歳。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「来年はななつになり給ふ」
④ 中古から近世における時刻の呼び方。現在の午前四時または午後四時にあたる。ななつどき。
※虎明本狂言・首引(室町末‐近世初)「七つなってから人のゑとをらぬ野じゃと聞及ふだ」
⑤ 「ななつや(七屋)」の略。
雑俳・塵手水(1822)「引つぎに七つへいそぐ百坊主」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七つ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

七つの関連情報

他サービスで検索

「七つ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.