Rakuten infoseek

辞書

丁男【テイダン】

デジタル大辞泉

てい‐だん【丁男】
丁年男子一人前の男。律令制では、21歳以上60歳までの男子。ていなん。⇔丁女

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ていだん【丁男】
一人前の男。成年に達した男。壮丁。丁。ていなん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てい‐なん【丁男】
〘名〙 成年の男子。一人前の男子。令制では、二一歳以上六〇歳までの男子。ていだん。→③。
※続日本紀‐天平宝字三年(759)六月丙辰「庶民生丁男五口已上者、免其課役
※地方官会議日誌‐一〇・明治八年(1875)七月二日「而して丁男の課役一歳僅に二日」 〔漢書‐主父偃伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てい‐だん【丁男】
〘名〙 =ていなん(丁男)〔広益熟字典(1874)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

丁男
ていだん
成年に達した男子
北魏では15〜70歳,隋では当初18〜59歳とした。のち20歳以下を中男として丁男を21〜59歳にあらため,もこれを継承したが,763年には25〜54歳に縮小した。均田制により田され,租庸調納入兵役義務を負った。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丁男」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丁男の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.