Rakuten infoseek

辞書

丁数【チョウスウ】

デジタル大辞泉

ちょう‐すう〔チヤウ‐〕【丁数】
2で割り切れる数。丁の数。偶数。半数に対していう。
多く和装本において、書物枚数

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐すう チャウ‥【丁数】
〘名〙
① 二で割りきれる数。丁の数。偶数。半数に対していう。
※譬喩尽(1786)二「偶数(チョウスウ)は不用奇数(はんすう)は可用」
② 書物に綴じられた紙の枚数。多く、和装本についていう。裏表一枚、また袋綴じの一折で数える。
※俳諧・宇陀法師(1702)誹諧撰集法「歳旦引付など丁数多きは見ぬ先よりうとましき心地す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丁数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丁数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.