Rakuten infoseek

辞書

丁半【チョウハン】

デジタル大辞泉

ちょう‐はん〔チヤウ‐|チヨウ‐〕【丁半/重半】
さいころの目の丁(偶数)と半(奇数)。
2個のさいころを振って、合計が丁か半か勝負する賭博(とばく)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうはん【丁半】
さいころ2個を使ってする賭博。丁半賭博ともいう。とは偶数とは奇数のことである。江戸時代中期から後期に,博徒賭場を開いて客を集めるようになって形がととのった。さいころ2個をざるでつくったツボへ入れて盆茣蓙(ぼんござ)の上へ伏せ,ツボを除いたとき出た目の合計が丁か半かで勝負を決める。丁の目が出れば,丁方へ張った者が賭場の手数料を差し引いたのちに,半方へ張った者のをもらう。賭場は博徒の家の二階などにつくられ,畳3枚をに敷き,白布を張った盆茣蓙をはさんで客は丁方と半方に分かれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうはん【丁半】
は偶数、は奇数
さいころを振って出た目の偶数か奇数かによって勝負をきめる博打ばくち

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

丁半
ちょうはん
2個の賽(さい)(さいころ)を使うかけ合わせ賭博(とばく)。江戸時代から博打(ばくち)の代名詞のようによばれているのがこの丁半である。これには、俗に鉄火場という小規模のものと、大勝負の賭博とがある。方式は、2個の賽の目の合計が丁(偶数)か、半(奇数)かで勝負する。また盆蓙(ぼんござ)というものがあり、綿の入った蒲団(ふとん)の四隅を鋲(びょう)で動かぬようにしてある一名「盆台」の上に、通常幅二尺(約60センチメートル)、長さ二間(約3.6メートル)ぐらいの金巾(かなきん)または綿ネルでつくった盆切れを置く。「壺振(つぼふ)り」と「中盆(なかぼん)」とよぶ2名の者が盆蓙を中心にして相対して座り、これに賭金(かけきん)を張る客の席も定まっていて、丁を張る者が中盆の側に座り、半を張る者が壺振りの側に対峙(たいじ)して座る。これは胴元がないので、一方に過不足があるときは中盆が努力して対等額になるようにする。用意が整うと、中盆が「壺」と威勢のよい声をかける。壺振りが二つの賽を壺に入れて伏せ、賭金などを確かめてから、中盆が「勝負」と一声の下に壺をあけ、勝敗が決まる。[稲垣史生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐はん チャウ‥【丁半・長半・重チョウ半】
〘名〙
① 采(さい)の目の丁と半。偶数と奇数。
※名語記(1275)二「次、双六の、は、如何。これは、重半の義なれば、半を、はといへる歟」
② 二個のさいころの目の合計が丁(偶数)か半(奇数)かを勝負する賭博。丁半博奕(ちょうはんばくえき)
※松井本太平記(14C後)三三「調半等の様々の博奕を、夜昼十余日までぞしたりける」
③ 数の五をいう語。
※洒落本・品川楊枝(1799)「四文をめった文、五文をちゃうはん文」
④ 硬貨を投げ上げ、落ちた際に表(丁)か裏(半)かを当てる賭博。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丁半」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丁半の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.