Rakuten infoseek

辞書

一院【イチイン】

デジタル大辞泉

いち‐いん〔‐ヰン〕【一院】
一つの寺院。また、院と称するところ。
二院制議会での、どちらか一方の議院。
二人以上の上皇または法皇があるとき、最初になった人。一の院本院

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いちいん【一院】
寺院・議院など、院と称する一つのもの。
いちのいん」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いち‐いん ‥ヰン【一院】
〘名〙
※謡曲・八島(1430頃)「一院のおん使、源氏の大将、検非違使五位の尉、源の義経と、名のり給ひし」
② 一つの寺院、または、院と称せられる所。
※正法眼蔵(1231‐53)嗣書「一院を討得して住持職に補するときは」 〔白居易‐銷暑詩〕
③ 二院制の議会において、その中のいずれか一方の議院
※枢密院官制及事務規程(明治二一年)(1888)事務規程・二条「帝国議会若(もし)くは其一院」
④ 単一の院によって構成されている議会。
※一局議院論(1884)〈植木枝盛〉六「必ず一院の制度にせざるべからざる事」
⑤ 院にいる人すべて。院じゅう。
※本朝文粋(1060頃)一二・秋夜書懐〈蒔原衆海〉「一院挙哀憂未尽」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一院の関連情報

他サービスで検索

「一院」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.