Rakuten infoseek

辞書

一門【いちもん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一門
いちもん
平安時代末期以降の武士社会における族組織。一族,一宗,一流,家門などともいう。本家分家とから成り,分家は経済的には本家から独立していたが,軍事的には一門の首長である本家の家督の支配下にあった。鎌倉幕府は,この一門の組織のうえに成り立っていた。 (→惣領 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いち‐もん【一門】
同じ家系、または、同じ家族の人々。一族。一家。「藤原一門
仏教などで同じ宗派の人々。「天台一門
学問・武道・芸能などで、同じ師匠や指導者をいただく人々。「芭蕉一門
特に大相撲の世界で、名力士の指導を受けた親方力士の作る集団。出羽海一門、二所ノ関一門、時津風一門、高砂一門、立浪一門の五つ
[補説]日本相撲協会の理事選挙は各一門ごとに推薦者数を配分するのが従来のやり方。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

一門
血がつながった一族のことです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いちもん【一門】
平安時代の中ごろ以降,中央貴族や武士層の族的結合を示す表現として広く用いられた。一門のほかに一族,一家,一流,門葉,家門など,さまざまな呼称が存在するが,これらの呼称の間にそれほど厳密な区別があるとは考えられない。ただ概していえば,一族というが,先祖開発の所領に対する共同知行集団とみることができ,それだけに,その族員の分布地域も比較的せまく限られるのに対して,この一門という語は,ある共通の先祖をもつ子孫の人々が,土地所有の枠にとらわれることなく形成している血縁集団,ないし擬制血縁集団そのものの意味で用いられることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いちもん【一門】
一家族、または一族。 「平家-」 「 -の名折れ」
同じ宗門。また、その人々。 「縁あって易行いぎようの-に入る」
学問・武道・芸能などで、同じ師の流れをくむ人たち。同門。 「本居-の学者たち」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いち‐もん【一門】
〘名〙
① 一つの門。
※今昔(1120頃か)九「安上の一門許開て、人皆此より出入す」
② 親族関係にある人々の総称。一家族。同族。宗族。
※続日本紀‐宝亀三年(772)四月丁巳「一門五位者男女十人」
古今著聞集(1254)一六「一門の物ども、悦びにつどひけるに」
③ 宗教、学問、武道、芸能などの流派を同じくする人々。同門。
※古今著聞集(1254)二「其の後、一門の僧相継て居住して、修学今に絶えずとなん」 〔南斉書‐劉絵伝〕
④ 嫡宗家を中心に同族観念で構成された大名家の家格の一つ。
※毛利家文書‐(年月日未詳)(室町)氏名未詳覚書「上山事は当家一門之事」
⑤ 同一類のこと。〔淮南子‐原道訓〕
仏語。生死を出る道、または悟りに至る道のたとえ。
往生要集(984‐985)序「是故依念仏一門、聊集経論要文」 〔法華経‐譬喩品〕
⑦ 仏語。真言密教で、大日如来の徳性やはたらきの一つ。マンダラの諸尊はそのいちいちを象徴する。
※真言内証義(1345)「一門より普門に入るは此の宗也」
⑧ 大砲一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一門」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一門の関連情報

他サービスで検索

「一門」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.