Rakuten infoseek

辞書

一銭【イッセン】

デジタル大辞泉

いっ‐せん【一銭】
貨幣の単位。→
わずかな金額。「一銭にもならない仕事」「一銭を笑う者は一銭に泣く」
一文(いちもん)、また一文銭のこと。
一銭剃(ぞ)り」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いっせん【一銭】
貨幣で、一円の百分の一。 →
わずかな金。また、わずかな値打ちのもののたとえ。 「 -ももち合わせがない」
「一銭剃り」の略。 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっ‐せん【一銭】
〘名〙
※延喜式(927)三七「元日御薬〈略〉度嶂散一剤〈略〉平旦以温酒一銭匕
※徒然草(1331頃)一〇八「一銭軽しといへども、これを重ぬれば」
一円の百分の一の価。明治四年(一八七一)新貨条例で定められ、この価額を持つ補助貨として、銅貨、青銅貨、黄銅貨、アルミニウム貨、錫(すず)貨などが流通したが、昭和二八年(一九五三)一二月末限り通用禁止となった。〔広益熟字典(1874)〕
④ ほんの僅かなことのたとえ。
※実隆公記‐延徳三年(1491)六月五日「於身無一銭之姧謀
※随筆・兎園小説(1825)「以来結髪之総名を一銭と可唱者也と」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一銭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一銭の関連情報

他サービスで検索

「一銭」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.