Rakuten infoseek

辞書

一連/一聯【イチレン】

デジタル大辞泉

いち‐れん【一連/一×聯】
関係のあることのひとつながり。「―の事件」
穴に糸やひもなどを通してつらねたもののひとつながり。「数珠―」
(一聯)漢詩で、一つの対句。
全判の洋紙1000枚。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐つら【一連/一行】
ひと続きに並ぶようす。また、そのもの。ひとつらなり。1列。「―の雁(かり)」「―の並木」
同じ程度。同列。
「下ざまの祝言と―にゃあいはれねえ」〈洒・世説新語茶〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひと‐つれ【一連】
※新撰六帖(1244頃)一「関越てけふも暮れぬと大津馬のをのが一つれ道いそぐなり〈藤原知家〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一連/一聯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一連/一聯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.