Rakuten infoseek

辞書

一谷【いちのたに】

精選版 日本国語大辞典

いちのたに【一谷】
[1] (一ノ谷) 神戸市須磨区南西端の地名。鉄拐(てっかい)、鉢伏(はちぶせ)の二山が海に迫る地。上方に安徳天皇の内裏跡があり、鉄拐山の北に鵯越(ひよどりごえ)がある。源平の古戦場。浜須磨。
※平家(13C前)九「一谷は北は山、南は海」
[2] 〘名〙
① 当世兜の変わり鉢の一種。頭立(ずたて)の部分を高く峰を一文字にきりたった作りもの。〔武具訓蒙図彙(1684)〕
② 女陰をいう俗語。〔特殊語百科辞典(1931)〕
※いやな感じ(1960‐63)〈高見順〉二「『一の谷さ』と俺は言ったが、相手にはまだ通じない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一谷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一谷の関連情報

他サービスで検索

「一谷」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.