Rakuten infoseek

辞書

一葉たご【ヒトツバタゴ】

デジタル大辞泉

ひとつば‐たご【一葉たご】
モクセイ科の落葉高木。高さ約10メートル。葉は楕円形で、長い柄をもち、対生する。雌雄異株。5月ごろ、白い花を円錐状につける。花びらは四つに裂けていて裂片は細長い。木曽川付近および対馬に分布。名はタゴ(トネリコの方言)の仲間と思われたことによる。明治神宮外苑にあった大木は、名がわからない珍木として、なんじゃもんじゃの木とよばれていた。→何じゃもんじゃ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

一葉たご (ヒトツバタゴ)
学名:Chionanthus retusus
植物。モクセイ科の落葉高木

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひとつば‐たご【一葉たご】
〘名〙 モクセイ科の落葉高木。本州の長野・愛知・岐阜・三重の各県、九州の対馬、朝鮮、台湾、中国に生え、庭園樹とされる。高さ一〇~三〇メートル、径六〇センチメートルに達する。葉は対生し、楕円形で柄をもち両面の中肋に細軟毛を散生する。雌雄異株。春、先が四裂して芳香のある白い花が円錐状に群がって咲く。花の裂片は線形で長くやや外側に巻く。果実は楕円形で黒く熟す。〔物品識名拾遺(1825)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一葉たご」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一葉たごの関連情報

他サービスで検索

「一葉たご」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.