Rakuten infoseek

辞書

一脈【イチミャク】

デジタル大辞泉

いち‐みゃく【一脈】
ひとすじ。ひとつづき。
少し。わずか。「一脈の不安」
「かえって―不気味な、気心の知れない感を」〈水上大阪の宿

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いちみゃく【一脈】
ひとすじのつながりがあること。ひとすじ。ひと続き。 「 -の煙」
[句項目] 一脈相通ずる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いち‐みゃく【一脈】
〘名〙
① 一度みる
咄本・九行整版本昨日は今日の物語(1636)「医師(くすし)来り、一みゃくとりて薬を与へ」
② いくつかの物事の間に、または一つの物事の中で、一連のつながりがあること。ひとすじ。ひとつづき。
※開化の入口(1873‐74)〈横河秋濤〉三「天津日嗣(あまつひつぎ)万国に類ひなき一脈(イチミャク)連綿の天孫を押籠奉り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一脈の関連情報

他サービスで検索

「一脈」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.