Rakuten infoseek

辞書

一理【イチリ】

デジタル大辞泉

いち‐り【一理】
一つの道理。一応の屈。「先方の言い分にも一理ある」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いちり【一理】
一応の理屈。一通りの道理。 反対意見にも-ある

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いち‐り【一理】
〘名〙
① 仏語。普遍的な同一の理法。また、一般に、同一の理。
※法華義疏(7C前)方便品「如来以一教、応一機、明一理、化一人
② ひとつの道理、理由。一応うなずける理由。
※東寺百合文書‐る・応永二九年(1422)五月二〇日・最勝光院方評定引付「毎年可沙汰之条、有一理歟之由意見了」
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)四「先日我れがいやと申たは一理ある」 〔劉峻‐辨命論〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.