Rakuten infoseek

辞書

一片【イッペン】

デジタル大辞泉

いっ‐ぺん【一片】
薄く平たく小さいもの一つ。ひとひら。「一片の花びら」
全体から切り取られた一部分。ひときれ。「一片の肉」
ほんの少し。ごくわずか。「一片の誠意も感じられない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐ひら【一片/一枚】
薄く平らなもののいちまい。いっぺん。「―の花びら

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いっぺん【一片】
たった一枚。ひとひら。 -の紙切れ -の花びら
大きなものから切り取られた一部分。ひとかけら。 -の肉
わずかばかり。ほんの少し。 -の雲 -の良心もない

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっ‐ぺん【一片】
〘名〙
① 紙、花びらなど薄いもの一枚。ひとひら。
※菅家文草(900頃)一・九日侍宴、同賦天錫難老「鶴毛無一片背可千年
② 雲、煙、材木、肉などのひときれ。また、欠けて見える三日月や、小さな一そうの舟などにもいう。ひとかけら。
※文華秀麗集(818)上・嵯峨院納涼〈巨勢識人〉「千年駮蘚覆密、一片晴雲亙嶺帰」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉八「船は一(イッペン)も来る様子も見えない」 〔後漢書‐周黄徐姜申屠伝序〕
③ 転じて、わずかなこと。少しばかり。精神的なものについていう。
※浮世草子・好色破邪顕正(1687)上「好色の人の中にも、妄語なくて慰み一片に好くものあれど」
④ ある広がりを持っている場所をいう。一面。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)二・柏原山寺冬日雑題十六首「帰途不践来時路、一片紅林蘸遠川
⑤ (「南鐐(なんりょう)一片」の略) 二朱銀の異称。
※洒落本・酔姿夢中(1779)「采遊はとくがおしへのごとく一片(ヘン)はづみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一片」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一片の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.