Rakuten infoseek

辞書

一流【イチリュウ】

デジタル大辞泉

いち‐りゅう〔‐リウ〕【一流】
その分野での第一等の地位。第一級。「一流の評論家」「一流ホテル」
他とは違う独特の流儀。「彼一流の論法」
芸道などの一つの流派。
(「一旒」とも書く)旗やのぼりの1本。ひとながれ。
「―の信号旗を掲ぐ」〈竜渓・浮城物語〉
同族。血統を同じくするもの。
「この―のみ絶えずして十余代に及べり」〈神皇正統記・村上〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いちりゅう【一流】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いち‐りゅう ‥リウ【一流】
〘名〙
① ひとつの血統。一族。ある一族。同じ一族。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)八月四日「是本自依平家一流氏族也」
※太平記(14C後)一九「大将は何れも名を惜む源氏一流の棟梁(とうりゃう)也」
② ひとつの流儀、流派、宗派、学派。ある流派。同じ流派。
※太平記(14C後)二五「大礼の神事無為(ぶゐ)に行はれば、一流の神書を火に入て」
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)大詰「然し、きゃつは八重垣流の、一流極めし者なれば」 〔人物志‐接識〕
③ ある方面での第一等の地位。または、その地位を占めている者。第一流。一人者。⇔二流
※金沢文庫古文書‐(元徳二年)(1330)三月四日・金沢貞顕書状(一・四二三)「一流之仁にて候つるに、歎存候」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「現今一流の批評家だ」 〔世説新語‐品藻〕
④ ある人、物または流派に限られて他にないやり方。特別。独特。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)四「風呂屋者一流、此風に上中下の品あり」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「細君は女人一流の論理法で詰め寄せる」
⑤ (「一旒」とも) 旗、幟(のぼり)など一本。ひとながれ。
※多度神宮寺伽藍縁起資財帳(801)延暦二〇年一一月三日「小幡壱拾肆旒。各長一丈之中白色一旒」
⑥ 同様。同類。〔世説新語‐容止〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐ながれ【一流】
〘名〙
① 一筋の流れ。一筋の川。また、一つの流派。同じ流儀。
※続拾遺(1278)釈教・一四〇三「谷川のわがひとながれかきとめて絶えざりけりと人に知らせん〈成源〉」
② 一本の旗や幟(のぼり)
※平家(13C前)一一「主もなき白旗ひとながれまいさがって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.