Rakuten infoseek

辞書

一枚【イチマイ】

デジタル大辞泉

いち‐まい【一枚】
紙・板・貨幣など、平たく薄いものひとつ。→
田の一区画。
《役者の看板は一人1枚に書くところから》ある役割を引き受ける一人。「若手を一枚加える」
(多く「一枚上」の形で、副詞的に用いる)技術・能力などの一段階。一段。「相手のほうが一枚上手(うわて)だ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いちまい【一枚】
(紙・板・貨幣など平たいものの)一つ。ひとひら。 →
田の一区画。
〔役者の看板は一人一枚に書くことから〕 ある役割を演ずるための一人。一役。 「計画に-加わる」
(副詞的に用いて)一段。一ランク。 「彼の方が-上手うわてだ」
[句項目] 一枚嚙む

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いち‐まい【一枚】
〘名〙
① 紙、布、衣服、板、貨幣、敷物、魚、楯など薄くて幅の広いもの一つ。
※延喜式(927)一「八座置各一束、楯一枚」
② 針、錐(きり)など細長いもの一つ。
※延喜式(927)四「四月九月神衣祭〈略〉長刀子一枚、短刀子、錐、針、鉾鋒各十六枚」
③ 古来、金貨、銀貨を数えるのに用いた語。時代によりその説を異にしている。
※史記抄(1477)七「賀銭万は十貫なり。実は一枚も不持してかいたぞ」
④ 田畑の一区画。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)白川の関「田一枚植て立去る柳かな」
⑤ (形動) 平面状に一続きになっていること。また転じて、同じ事態が一面にいきわたっているさま。
※大和物語抄(室町中)上「心は世界一枚なれば、かれうごけばこれもうごく也」
※玉くしげ(1789)「抑天地は一枚(イチマイ)にして、隔(へだて)なければ」
⑥ 考えや行動を同じくすること。
※政談(1727頃)四「其仲間は遠国と通じて一枚なる者にて」
⑦ (相撲や役者の番付、看板で、ひとつに一人を書くところから) 一人。ある仕事や役割を行なう一人。また、その役割ひとつ。
※洒落本・仇手本(1801)一「ほかのものをよばず、ここはそれ一まいで」
※批評の敗北(1931)〈杉山平助〉「即ち出版者といふものの役割が一枚加はってゐて」
⑧ 商品取引所における売買単位。たとえば小豆四〇俵、人絹糸一〇〇〇キログラムなど。〔新時代用語辞典(1930)〕
⑨ 才能や力量などの一段階。
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「古藤さんも手紙の上では一枚がた男を上げてゐますわね」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一枚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一枚の関連情報

他サービスで検索

「一枚」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.