Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

一族【イチゾク】

デジタル大辞泉

いち‐ぞく【一族】
同じ祖先から出た者たち。のつながりのある者たち。同族一門

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐ぞう【一族】
《「ぞう」は「ぞく(族)」の音変化》同族。一門。いちぞく。
「今はいとど―のみ、かへすがへす栄え給ふこと限りなし」〈・賢木〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いちぞく【一族】
中世武士団の族的結合のあり方を示す歴史用語の一つ。特に,ある領主の先祖開発の所領をめぐって,その近親縁者が共同でその所領の経営にあたり,あわせて所領内農民の支配に携わっているとき,その近親縁者全体をさして,その領主の〈一族〉という呼び方をするのが普通である。ゆえに一族という語は,単なる血縁者の集りではなく,一定の所領の知行関係にかかわる限りでの近親縁者という意味である。そして,こうした一族の統率者を惣領といい,他の族員を一般に庶子と呼んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いちぞく【一族】
同じ血統、同じ氏族に属する人々。同族。一門。 藤原氏-
(比喩的に)家族などの全員。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いち‐ぞう【一族】
〘名〙 「いちぞく(一族)」の変化した語。
※増鏡(1368‐76頃)一「平家の一族(ゾウ)のみいよいよ時の花をかざしそへて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いち‐ぞく【一族】
〘名〙 一つの血筋につながりのある者。同族。血族。
※雲図抄(1115‐18頃)四月「九条殿一族参上之時」 〔国語‐周語・上〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐ぞう【一族】
〘名〙 (「ぞう」は「ぞく(族)」の変化したもの) 一族(いちぞく)。同じ血筋。同族。一門。
※源氏(1001‐14頃)若紫「いかでかのひとぞうにおぼえ給らむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.