Rakuten infoseek

辞書

一斉休憩の原則

人材マネジメント用語集

一斉休憩の原則
労働者に対する休憩を与える場合には、原則一斉に休憩を与える必要があり、休憩時間実効のあるものにするために労働基準法上で定めている。ただし、労使協定によるものや、運輸、物品販売、金融保険、郵便、電気通信等公衆に便宜を提供する事業は適用除外となる。

出典:(株)アクティブアンドカンパニー

一斉休憩の原則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一斉休憩の原則の関連情報

他サービスで検索

「一斉休憩の原則」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.