Rakuten infoseek

辞書

一帯【イッタイ】

デジタル大辞泉

いっ‐たい【一帯】
あたり全体。「九州一帯
ひと続き。ひとすじ。
「―の冬雲が浮んで」〈藤村破戒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いったい【一帯】
ある地域全体。そのあたり全部。 下町-が空襲にあった この辺- 類義の語に一円があるが、一円はある地方の全域の意を表す。それに対して一帯はある場所、およびその付近の一続きの地域をいう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっ‐たい【一帯】
〘名〙
① ひとすじ。ひとつづき。一脈。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・冬二首〈藤原忠通〉「一帯潺湲一頃田、迎冬忘却紙窓前」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「白い光りの一帯は半切程に細くなった」 〔冷朝陽‐登霊善寺塔詩〕
② その場所や地方のあたり全体。一円。一面。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉六「土佐は、東南一帯海にのぞめる国にて」
③ 松明(たいまつ)一本。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.