Rakuten infoseek

辞書

一局【イッキョク】

デジタル大辞泉

いっ‐きょく【一局】
一つの碁盤、将棋盤。一面。
囲碁や将棋のひと勝負。1回の対局。
放送局郵便局などの一つの

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いっきょく【一局】
一つの碁盤・将棋盤。
碁・将棋の一勝負。 「 -の山場」
幾つかに分けたなかの一まとまり。 「主従男女を合して-凡十四五人/西洋道中膝栗毛 魯文」 〔副詞的用法の場合、アクセントは [0]

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっ‐きょく【一局】
〘名〙
① 幾つかに分かれたうちのひとまとまり。
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「瓦斯の発明世に行はれてより之を以て家業とする者は社中を結び一局の仕掛を以て千万の家を照らし」
② 「放送局」「郵便局」など局と称される機関の、ある一つ。
③ 一つの碁盤将棋盤
囲碁、将棋、双六(すごろく)などの一勝負。一回の手合わせ。
※梅花無尽蔵(1492‐1501頃)三「西安仙有橘園楸、一局未終年幾流」 〔南史‐蕭恵基伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一局」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一局の関連情報

他サービスで検索

「一局」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.