Rakuten infoseek

辞書

一家【イッカ】

デジタル大辞泉

いっ‐か【一家】
一つの所帯。一つの家族。「結婚して一家を構える」「一家の柱」
家族全体。家じゅう。「一家をあげて移住する」
学芸・技術などの一つの流派。また、独自の権威を認められた存在。「歌道で一家を立てる」
博徒など、親分子分の関係で結ばれた集まり。「国定(くにさだ)一家

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いっ‐け【一家】
一軒の家。いっか。
家族全体。一家族。いっか。
「―四人のものがふだんのように膳に向かって」〈鴎外阿部一族
同じ家系の者全体。または、それに家来や雇い人をも含めた全体。同族。同門。一族。一門。
「親しき―の一類はらから集めて」〈宇治拾遺・一三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いっか【一家】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いっか【一家】
一つの所帯。一家族。 「 -の主あるじ」 「 -を構える」
親分・子分の関係で結ばれた博徒の集団。 「次郎長-」
(学術・技芸などの分野で)独立の流派をなしていること。また、そのような存在。 「画家として-を成す」
雌雄同株しゆうどうしゆ」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いっけ【一家】
いっか(一家)」に同じ。
同じ家族。一族。一門。 「したしき-の一類はらから集めて/宇治拾遺 13
その家のものすべて。家中。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっ‐か【一家】
〘名〙
① 一つの家。一軒。いっけ。
延喜式(927)三七「一家有薬、一里無病」 〔淮南子‐説林訓〕
② 一家族。一門。また、家族全体、一門すべて。いっけ。
本朝麗藻(1010か)下・感勘解藤相公賢郎茂才蒙課試之綸旨聊呈鄙懐〈源孝道〉「万里青雲双脚下、一家栄耀孔懐中」
浄瑠璃夕霧阿波鳴渡(1712頃)上「吉田屋の一家袖をぞぬらしける」 〔礼記‐礼運〕
③ 学問、芸術、技術などの独立した一流派。独自の一派。また、一方の権威。独自の存在。独特の一つの風格を持つもの。
史記抄(1476‐80)一〇「左丘明が文章でこそあれ、司馬遷が一家の事ではあらばやぢやほどに」 〔晉書‐荀崧伝〕
④ ばくちうちなどの親分と、その杯を受けた子分とでつくる特殊な団体。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いっ‐け【一家】
〘名〙
※バレト写本(1591)「モロモロノヂシポロ イッケニアツマリ イラレケルニ」
※天草本平家(1592)一・一「カノ キヨモリ ノ go(ゴ) icqe(イッケ) ノ ヒトビト ト サエ イエバ」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「義康一家(イッケ)の好(よしみ)を忘れず」
③ その家に住んでいる者。また、その家にあるもののすべて。家中。一家中。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「ycqeno(イッケノ) ザイホウヲ コトゴトク マイナイニ シンジョウズ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐いえ ‥いへ【一家】
〘名〙 家中。一家全部。
※栄花(1028‐92頃)花山たづぬる中納言「いかにいかにとひといゑおぼし歎く程に、天祿三年十一月の一日かくれ給ぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひとつ‐いえ ‥いへ【一家】
〘名〙
一戸の家。
※土左(935頃)承平五年二月一六日「なかがきこそあれ、ひとついへのやうなれば」
※舞姫(1906)〈与謝野晶子〉「春の夜の夢のみたまとわが魂(たま)と逢ふ家らしき野のひとつ家(イヘ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひとつ‐や【一家】
[1] 〘名〙
人里はなれた山野などにぽつんと一軒だけある家。一軒家。ひとついえ。
俳諧・伊勢正直集(1662)五「壱つ屋も月影にもつ隣哉〈作者不知〉」
② 同一の家。同じ家。ひとついえ。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)市振「一家に遊女もねたり萩と月」
[2]
[一] 武蔵国浅茅原(あさじがはら)にあったという一軒屋。一人の老婆が住み、旅人を泊めては殺していたが、観音の力によって悔悟したという伝説がある。
[二] (一つ家) 歌舞伎脚本。時代物。一幕。河竹黙阿彌作。明治二三年(一八九〇)東京市村座初演。(一)の劇化。新古演劇十種の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一家の関連情報

他サービスで検索

「一家」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.