Rakuten infoseek

辞書

一宮【いちのみや】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一宮
いちのみや
山梨県中部,笛吹市北東部の旧町域。甲府盆地東部,金川扇状地の東部を占める。 1954年一宮村,浅間村,相興村が合体し町制。 2004年石和町,御坂町,八代町,境川村,春日居町と合体して笛吹市となった。地名は甲斐一宮の浅間神社に由来するといわれる。養蚕が主産業であったが,昭和初期からモモ栽培が始まり,第2次世界大戦後には日本有数の産地となった。モモの花が満開になる4月初旬に桃祭が行なわれる。ブドウ栽培も盛ん。早くから開けた地域で,国分には国分寺跡,東原には国分尼寺跡があり,それぞれ国の史跡に指定。浅間神社摂社山宮神社本殿と,慈眼寺の本堂,鐘楼門,庫裏は国の重要文化財に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一宮
いちのみや
愛知県南東部,豊川市東部の旧町域。 1961年町制。 2006年豊川市に編入。地名は三河国一ノ宮の砥鹿神社 (とがじんじゃ) に由来。豊橋平野の北部を占め,水田耕作を中心に野菜の生産性も高い。豊橋市から食品,金属,機械工場の進出が目立ち,宅地化が進んだ。本宮山は三河の霊峰。山麓一帯には古墳群があり,山頂には砥鹿神社の奥宮がある。本宮山県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一宮
いちのみや
兵庫県中西部,宍粟市東部の旧町域。揖保川上流域にあり,淡路島の一宮町と区別して播磨一宮町と呼ばれた。 1956年神戸村,染河内村,下三方村の3村が合体して町制。同 1956年三方村,繁盛村の2村と合体。 2005年山崎町,波賀町,千種町の3町と合体し宍粟市となった。中国山地に含まれ,約 70%が山林で美林が多く,杉材を特産。因幡街道 (現国道 29号線) が通り,出雲文化の畿内進出の先駆となった地といわれる。南部にはオオクニヌシノミコトをまつる播磨一宮伊和神社があり,町名もこれにちなむ。南東部の雪彦山北西麓一帯は雪彦峰山県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一宮
いちのみや
兵庫県南部,淡路市南西部の旧町域。宍粟郡一宮町 (現宍粟市) と区別して淡路一宮町と呼ばれた。淡路島の西浦,播磨灘に臨み,津名丘陵の西斜面を占める。 1955年郡家町,江井町の2町と尾崎村,多賀村の2村が合体して成立。 1956年山田村を編入。 2005年津名町,淡路町,北淡町,東浦町の4町と合体して淡路市となった。中心集落の郡家は古くからの行政中心地で,海水浴場と釣りで知られ,その南の江井は線香の生産で有名。北部の尾崎,南部の山田は鳴門みかんの産地。中部の多賀にはイザナギノミコトをまつる淡路一宮いざなぎ神社 (現在,伊弉諾神宮) があり,町名もこれにちなんだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一宮
いちのみや
岡山市西部にある地区。旧町名。 1971年岡山市に編入。備前一宮である吉備津彦神社の門前町であることがこの名がの由来。旧山陽道に沿い,辛川市場 (からかわいちば) など中世市場町の地名も残っている。北部の丘陵地帯はブドウの栽培が盛んで,マスカット・オブ・アレキサンドリアの特産地。岡山市街地に近く,住宅地化が急速に進んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いちのみや【一宮】[地名]
愛知県北西部の市。尾張一の宮真清田(ますみだ)神社の門前町として発展。毛織物機械工業アパレル産業が盛ん。平成17年(2005)4月、尾西(びさい)市、木曽川町を編入。人口37.6万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

一宮
 平安時代中頃から国ごとに決められた社の格式です。その国の中で一番格上の社ということです。周防国では玉祖神社[たまのおやじんじゃ]が一宮になります。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いちのみや【一宮】
古代末期より中世初頭にかけてつけられたことに始まる社格の一種。《今昔物語集》に周防国の一宮玉祖大明神の名のみえるのが文献上の初見とされ,鳥取県倭文(しどり)神社境内より出土の康和5年(1103)銘の経筒にも一宮の語がみられるが,およそそのころよりの呼称とみられる。それは,神祇官や国司が公式に定めつけたものではなく,民間でつけられたもので,それも諸国同時でなく,1165年(永万1)の〈神祇官諸社年貢注文〉よりも察せられるように,古代末期より中世初頭にかけ,逐次国ごとにつけられ,全国に及んだものとみられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いちのみや【一宮】
愛知県北西部、濃尾平野中部の市。尾張一の宮の真清田ますみだ神社の門前町・市場町として発展。毛織物工業が発達し、繊維問屋が多い。
千葉県東部、長生郡の町。上総一の宮の玉前たまさき神社がある。
山梨県中部、笛吹市の地名。甲斐一の宮の浅間せんげん神社がある。
兵庫県西部、宍粟しそう市の地名。播磨一の宮の伊和いわ神社がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いちのみや【一宮】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔岡山県〕一宮(いちのみや)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一宮の関連情報

他サービスで検索

「一宮」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.