Rakuten infoseek

辞書

一味神水【イチミシンスイ】

デジタル大辞泉

いちみ‐しんすい【一味神水】
中世・近世に、一揆などで誓約を結ぼうとする者が、起請文などを記し、各自署名の上、それをにして、神前に供えた水にまぜ、一同回し飲みして団結を誓い合った儀式

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いちみしんすい【一味神水】
一味同心という一致団結した状態の集団(一揆)を結成する際に行われた集団誓約の儀式,作法。この儀式は,一揆に参加する人々が神社の境内に集まり,一味同心すること,またその誓約条項に違犯した場合いかなる神罰をこうむってもかまわない旨を記した起請文を作成し,全員が署名したのち,その起請文を焼いて灰にして,神に供えた水である神水に混ぜて,それを一同が回し飲みするのが正式の作法であった。そのほか口頭で誓約し,神水を飲む方法など略式のものも多くみられるが,この誓約の儀式に際し,神を呼び出すため鐘,鉦,鰐口などの金属器が打ち鳴らされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いちみしんすい【一味神水】
中世、一揆いつき結合などに際して同盟を結ぶ人々が行なった集団誓約の儀式・作法。掟書おきてがき・起請文などを作成し、全員が署名の上、それを灰にして、神前に供えた水にまぜて一同が回し飲みした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

一味神水
いちみしんすい
中世・近世の習俗。誓約を結ぶ人々が神前で神水を飲み交わし、互いに約束・掟(おきて)に違背しないことを誓い合うこと。誓約には、口頭で誓い合う誓言(せいごん)と、紙に書く起請文(きしょうもん)との二つの方法があった。後者の場合、しばしば誓約を記したあと、その紙を焼き、灰を神水に浮かべて飲んだ。神水は特別な井戸でくんだ水であったり神酒であったりしたが、いずれにしてもおそらくは神前に供えられたものであり、これを飲み交わすのは、誓約にかかわる人々が神と共飲共食し、誓約に神が立ち会ったことを意味した。そのため、一味神水の場は、しばしば「身の毛よだちてぞありける」などと表現されるような臨場感にあふれた場であった。
 一味神水は早い例では平安時代末からみられ、中世には、寺院内部での衆徒の蜂起(ほうき)や国人(こくじん)層の在地領主相互の一揆(いっき)結合、さらには農民たちの一揆への決起に際しても、一致して事にあたり、盟約に背かない旨を誓い合う目的で盛んに行われた。[千々和到]
『青木美智男他編『一揆』全5巻(1981・東京大学出版会) ▽勝俣鎮夫著『一揆』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いちみ‐じんずい【一味神水】
〘名〙 (「じんずい」は「しんすい」「じんすい」とも) 一味同心を誓うために神水を飲むこと。中世の村落結合、惣村において、村民達は掟書(おきてがき)をつくり神水をのみ、事あるごとに同心であることを確認した。
高野山文書‐文永一〇年(1273)八月一〇日・関東下知状案「百姓違背預所一味神水罪科事」
[補注]「源平盛衰記‐四」に「各白山権現の御前にして、一味の起請を書、灰に焼て、神水に浮(うかめ)て呑之。身の毛竪(よだち)てぞ覚ける」とある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一味神水」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一味神水の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.