Rakuten infoseek

辞書

一向一揆【いっこういっき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

一向一揆
いっこういっき
室町時代中期以降,特に応仁・文明の大乱 (→応仁の乱 ) 以降,1世紀にわたって頻発した一向宗門徒の一揆をいう。一向一揆は寛正年間 (1460~66) にすでに散見され,本願寺第8世蓮如の出現によって,荘園制の崩壊に伴って起った在地地侍,国人,名主を中心とする惣 (そう) 村的結合のもとに,一向宗の教団組織の強化が進められ,守護大名の領国支配と対立した。一向一揆はおもに社会的,経済的に進んだ畿内,東海,北陸などの各所で展開された。長享2 (88) 年には,加賀守護富樫政親を高尾城に囲んで自殺させ,以後九十余年にわたって加賀一国を支配した。明応3 (94) 年以来,越前国では朝倉氏と,摂津国では細川氏と戦い,加賀,越中などでは上杉氏と対立した。戦国大名の領国形成にとっては,一向一揆は最大の試練であった。徳川家康は,永禄6 (1563) 年の三河の一向一揆には手を焼き,越前北庄に配された柴田勝家も同様であった。天下統一を目指す織田信長も,元亀1 (70) 年の長島,天正3 (75) 年の越前,同5年の雑賀 (さいが) などの一向一揆と戦った。その中心は石山本願寺であり,本願寺第 11世顕如であった。いわゆる元亀1~天正8年の 11年間にわたる石山合戦である。一向一揆の終末は,戦国大名の統一政権成立への第一歩であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いっこう‐いっき〔イツカウ‐〕【一向一×揆】
室町・戦国時代に近畿・北陸・東海地方に起こった一向宗浄土真宗門徒一揆僧侶、門徒の農民を中心に、名主地侍が連合して、守護大名荘園領主と戦った。加賀一揆のように一国を支配したものもあったが、天正8年(1580)の石山本願寺に対する織田信長の石山合戦を最後に幕を閉じた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いっこういっき【一向一揆】
浄土真宗(真宗ともいう)本願寺派の坊主や農民,商工業者,武士などの門徒が主導し,あるいは門徒が他の勢力と結んだり,本願寺法主に動員されたりしておこした武装蜂起,闘争の総称。1466年(文正1)から1582年(天正10)に至る約120年間にわたって,近畿,北陸,東海などの諸地域で起き,室町末~戦国時代の政治史の中で,重要な役割を果たした。真宗門徒の中には,当時一向衆と呼ばれた時宗(衆)の門徒が大量になだれこんでいたので,真宗をも一向宗と呼ぶようになったため,その名がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いっこういっき【一向一揆】
室町・戦国時代、北陸・近畿・東海などの各地に起こった宗教一揆。真宗本願寺派の一向宗の僧侶や門徒の農民たちが連合して守護大名・戦国大名などの領国支配に反抗した。特に約九〇年間一国を支配した加賀の一向一揆が有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

一向一揆
いっこういっき
室町中期から戦国時代にかけて起きた一向宗(東西分派以前の真宗本願寺派(しんしゅうほんがんじは))信者の、教団組織を利用した武装蜂起(ほうき)。1465年(寛正6)の近江(おうみ)金森一揆(かながもりいっき)が最初で、1580年(天正8)の石山本願寺の陥落を最後とするが、一揆の性格により3段階に分けて把握できる。第1段階は15世紀末までの北陸を中心とした教団組織の形成期で、延暦寺(えんりゃくじ)による一向宗弾圧に抵抗して蜂起した護教的な金森一揆に始まる。1474年(文明6)越前(えちぜん)吉崎(よしざき)(福井県あわら市)にあった本願寺蓮如(れんにょ)の指令で、加賀守護富樫(とがし)家の家督争いに介入し、政親(まさちか)を支援して弟幸千代(こうちよ)を倒した加賀一揆(文明一揆(ぶんめいいっき))、1481年国人(こくじん)領主石黒氏を倒した越中礪波郡一揆(えっちゅうとなみぐんいっき)、1487年(長享1)に守護政親の重課と一向宗弾圧に反対して蜂起し、翌年6月に政親を滅ぼした加賀の国一揆(くにいっき)的一向一揆(長享一揆(ちょうきょういっき))である。とくに守護を打倒した加賀では、名目上の守護に富樫一族を擁立し、1530年代からは本願寺法主(ほっす)を主君と仰ぎ、一家衆(いっけしゅう)三か寺、「郡」とその下部の「組」という二重の「一揆」(在地領主連合)による一国支配を、1580年(天正8)まで維持した。なお1485年(文明17)に飛騨一揆(ひだいっき)が内ヶ島氏と戦ったと伝えられる。
 第2段階は16世紀前半、本願寺が一つの政治勢力としての地位を確定した時期である。1506年(永正3)管領(かんれい)細川政元(ほそかわまさもと)派となった本願寺実如(じつにょ)の命令により、政元の反対派の越前朝倉(あさくら)、越中畠山(はたけやま)、越後(えちご)上杉(うえすぎ)氏らに対する畿内(きない)、北陸の大一揆が蜂起した。越中一揆は越後守護代長尾能景(ながおよしかげ)を戦死させ、越中西部を加賀と同じく「一揆」支配下に置いた(永正一揆(えいしょういっき))。1531年(享禄4)加賀に権力争いが起こり、本願寺方の大一揆と一家衆本泉寺(ほんせんじ)、松岡寺(しょうこうじ)、光教寺の三か寺方の小一揆が戦い、大一揆が勝利した(大小一揆)。1532年(天文1)畿内の門徒は本願寺証如(しょうにょ)の指令で蜂起し、堺(さかい)に三好元長(みよしもとなが)を攻めて自殺させた。これは外護者(げごしゃ)細川晴元(はるもと)の反対派打倒作戦であった。しかし一揆の力を恐れた晴元が反本願寺に転ずると、畿内門徒の一揆は急速に拡大し、大和(やまと)、河内(かわち)、摂津、和泉(いずみ)、近江などで晴元勢や法華一揆(ほっけいっき)と戦った。初めは晴元を堺から追い出すなど一揆方が優勢であったが、法華一揆に山科本願寺(やましなほんがんじ)を焼かれ、再起した晴元の反撃でしだいに守勢となった。摂津石山(いしやま)(大阪市)に移った本願寺もしばしば晴元勢の攻撃を受けるに至り、1535年に講和が結ばれた。二度の大一揆によって畿内の一大政治勢力としての本願寺の地位は確定した。
 第3段階は、16世紀の織田信長との対決、一揆の終結期である。すでに1562年(永禄5)に信長の同盟者となった徳川家康は、1563年に三河一揆と戦っている。一揆は、家康による地方大坊主の寺内不入権侵害に抵抗して蜂起し、家臣団も二分して翌年2月まで激しい戦闘を続けたが、門徒の武士と農民の離間に成功した家康に屈服した。1568年に足利義昭(あしかがよしあき)を奉じて上洛(じょうらく)した信長を「法敵」として、本願寺顕如(けんにょ)は1570年(元亀1)に全国門徒に総決起を指令した。いわゆる石山戦争の開始である。本願寺は武田、朝倉、浅井、六角(ろっかく)、ついで毛利、上杉、荒木ら反信長派大名と結ぶとともに、畿内、東海、北陸での一揆の蜂起によって信長包囲網を形成した。信長は本願寺とは名目的講和を繰り返す一方で、各地一揆の各個撃破を進めた。近江一揆は六角、浅井氏と連携して各地で信長軍と戦ったが、両氏の滅亡とともに瓦解(がかい)した。長島願証寺(がんしょうじ)を中心とした尾張(おわり)、美濃(みの)、伊勢(いせ)の一揆は、信長の弟信興(のぶおき)を攻めて自殺させるなど強大であったが、三度にわたる信長の攻撃で1574年(天正2)壊滅した。越前では信長家臣の勢力争いに乗じて一揆が起こり、加賀一揆の来援を受けて1572年(元亀3)1月に信長家臣を倒して一国支配を実現した。しかし1575年(天正3)8月に総攻撃を受けて壊滅し、加賀南半も信長軍に占領された。紀伊(きい)の雑賀(さいか)五郷の一揆は紀州惣国一揆(そうこくいっき)の一翼で、1577年にいったん信長に屈服したが、反信長派の2郷は再起して多量の鉄砲と水軍で本願寺を支えた。一方、1576年より籠城(ろうじょう)に追い込まれた本願寺は、畿内門徒と毛利氏の援助でしばしば信長軍を破ったが、各地一揆の敗北と毛利の後退で戦力は低下し、ついに1580年3月に講和を結んだ。顕如は紀州鷺森(さぎのもり)(和歌山市)に退去、講和に反対した教如(きょうにょ)も8月には退出し、石山戦争の終結とともに一向一揆は終結した。
 一向一揆を蜂起の原因からみると次のように分類できる。すなわち信仰擁護のためのもの、地域で多数派化した門徒が非門徒とも連合して地域または一国の支配権獲得を目ざした国一揆的性格の強いもの、「門跡領主」本願寺の軍事力として動員されたもの、天下統一を目ざす信長との対決などである。いずれの場合も根底には信仰の擁護とともに、重層的な土地所有体制を最大限に利用して、負担の軽減を図った小領主と農民の強い要求があった。それに本願寺法主を主君と仰ぐ国人層の地域支配要求が重なって強大な軍事力となり、本願寺をして戦国時代の一大政治勢力に押し上げ、戦国大名とは異なる封建支配の体制を形成したといえる。それゆえに剰余の一元的収奪体制の構築を図る戦国大名、その覇者としての信長との対決は不可避であったのである。[新行紀一]
『笠原一男著『一向一揆の研究』(1962・山川出版社) ▽笠原一男著『一向一揆――その行動と思想』(1970・評論社) ▽井上鋭夫著『一向一揆の研究』(1968・吉川弘文館) ▽重松明久著『中世真宗思想の研究』(1973・吉川弘文館) ▽新行紀一著『一向一揆の基礎構造』(1975・吉川弘文館) ▽北西弘著『一向一揆の研究』(1981・春秋社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっこう‐いっき イッカウ‥【一向一揆】
〘名〙 室町、戦国時代の宗教一揆。一向宗の僧侶および門徒の農民が、新興の小領主、土豪層と連合して守護大名に対して行なった闘争。摂津・加賀・越前・三河のものが有名で、とくに加賀では守護大名を滅ぼすにいたった。
※続応仁後記(15C後か)二「今度の一揆をば世人皆一向一揆とぞ云ならはしける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一向一揆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一向一揆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.