Rakuten infoseek

辞書

一刻【イッコク】

デジタル大辞泉

いっ‐こく【一刻】
[名]
わずかな時間。瞬時。「一刻を争う」「一刻も早く」
昔の時間で、一時(ひととき)の4分の1。今の約30分間。→
[名・形動]
頑固でわがままなこと。また、そのさま。「一刻な老人」
せっかちで、何かというとすぐ怒ること。また、そのさま。
「―な所(とこ)と田町の床(とこ)でゆひ」〈柳多留・一四〉
[補説]は、「一国」「一克」「一剋」などとも書く。
[派生]いっこくさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっ‐こく【一刻】
〘名〙
① 昔の一時(ひととき)の四分の一。現在の約三〇分。また、中国で一昼夜を昼五十刻、夜五十刻に分けたその一つ、すなわち約一五分間をいう。〔宋書‐礼志〕
② わずかな時間。ひととき。瞬時。
※虎明本狂言・入間川(室町末‐近世初)「一刻もはやう国本へくだらうと思ふ」 〔漢書‐武五子伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひと‐きざみ【一刻】
〘名〙
① 一段。一階級。副詞的にも用いる。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「いまひときざみの位をだにと、贈らせ給ふなりけり」
② 第一の列。第一級。第一位。
※源氏(1001‐14頃)若菜下「その御前の御遊びなどに、ひときざみにえらばるる人人」
③ 一回、刻むこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一刻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一刻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.