Rakuten infoseek

辞書

一分金【イチブキン】

デジタル大辞泉

いちぶ‐きん【一分金】
江戸時代の金貨の一。長方形で、4枚で小判1枚(1両)と換えた。一分判。一分判金。小粒。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いちぶきん【一分金】
江戸時代の金貨の一種。その形状は長方形で,一分金4枚で小判1両に当たり,小判の補助的性格を有していた。慶長6年(1601)に創鋳の一分金が最初のもので,江戸時代には慶長一分金のほか,元禄8年(1695)発行の元禄一分金,宝永7年(1710)の宝永一分金,正徳4年(1714)の正徳一分金,元文1年(1736)の元文一分金,文政2年(1819)の文政一分金,天保8年(1837)の天保一分金,安政6年(1859)の安政一分金,万延1年(1860)の万延一分金がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いちぶきん【一分金】
江戸時代の長方形の金貨。四枚で小判一枚(一両)とする。補助貨幣として1601年新鋳。以後、小判と同時に改鋳された。一分判金。一分判。一分小判。一分。小粒こつぶ。一角いつかく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

一分金
いちぶきん
江戸時代、小判(こばん)1両の4分の1に相当させた長方形の金貨。一分小判、小粒(こつぶ)、単に一分ともよばれる。小判の通用を補助する目的で発行され、小判の改鋳に伴って一分金も改鋳されている。1601年(慶長6)から1860年(万延1)まで十度にわたり改鋳が繰り返され、1695年(元禄8)の二度目の改鋳以来、品位は低下の一途をたどっている。江戸時代末期の1837年(天保8)には、一分金の金貨に対し、銀貨で同額の通用をさせる一分銀が発行され、68年(明治1)まで3種鋳造されている。[棚橋正博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一分金」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一分金の関連情報

他サービスで検索

「一分金」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.