Rakuten infoseek

辞書

一丁【イッチョウ】

デジタル大辞泉

いっ‐ちょう〔‐チヤウ〕【一丁】
[名]
豆腐・刃物など一つ。→丁(ちょう)挺(ちょう)
距離・面積の単位。→
料理などの一人前。「エビフライ一丁あがり」
勝負事などの一回。ひと勝負。「もう一丁やろう」
[副]4から》物事を始めるときに言う語。ひとつ思いきって。それでは。さあ。「一丁とりかかるか」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いっ‐てい【一丁】
〘名〙
① 一人の壮年の男子。
※江戸繁昌記(1832‐36)四「一丁道、〈略〉一生道」 〔晉書‐慕容俊載記〕
② (「丁」は「个(か)」の字の篆書(てんしょ)から誤ったもの。「个」は個・箇に同じ) 一つ。一個。→一丁字(いっていじ)
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)六「一丁(イッテイ)の字義だも知らず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一丁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

一丁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.