Rakuten infoseek

辞書

ヰタセクスアリス【イタセクスアリス】

デジタル大辞泉

イタ‐セクスアリス【ヰタ・セクスアリス】
森鴎外の小説。明治42年(1909)発表。幼年期から青年期に至る性欲を自叙形式で描く。発禁となった。
[補説]題名はラテン語vita sexualisで、性生活の意。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヰタ・セクスアリス
いたせくすありす
森鴎外(おうがい)の短編小説。1909年(明治42)7月号の『スバル』に発表。題名は、ラテン語で「性生活」を意味し、主人公金井湛(しずか)の、幼時から25歳の結婚時に至るまでの性欲史をつづったもの。性欲中心の自然主義文学に刺激された鴎外が、自分の性生活史を材料とした自伝的作品で、自然主義とは違った、いかにも医学者らしい、フィジカルな、突き放した性の叙述に特色がある。情緒的な自然主義に突きつけた知的作品であるが、この作品を掲載した雑誌は発売禁止となり、陸軍省医務局長森鴎外は、陸軍次官から譴責(けんせき)処分を受けた。[磯貝英夫]
『『ヰタ・セクスアリス』(角川文庫・新潮文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヰタセクスアリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヰタセクスアリスの関連情報

関連キーワード

牧野省三[各個指定]工芸技術部門シェーンベルク伊藤博文グリフィススバル安井息軒(やすいそくけん)マッキム・ミード&ホワイトレオポルド2世ピーター・ドラッカー

他サービスで検索

「ヰタセクスアリス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.