Rakuten infoseek

辞書

ワードプロセッサー【わーどぷろせっさー】

デジタル大辞泉

ワード‐プロセッサー(word processor)
文書の作成のための、入力・表示・編集・記憶・印字などの機能を備えるコンピューターシステム。1990年代後半以降、ワープロ専用機に代わり、同様の機能をもつパソコン向けのアプリケーションソフト(ワープロソフト)が普及した。ワープロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ワードプロセッサー【word processor】
ワープロソフト。◇略して「ワープロ」ともいう。過去には「ワープロ専用機」の略称としても用いられた。⇒ワープロソフト

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ワードプロセッサー【word processor】
編集機能付文書作成機。ワープロとも略称される。欧文用と和文用がある。コンピューターを使用し,文書をその記憶装置に保存・処理するため,タイプライターのように,単なる文書作成のみでなく,自在に校正したり編集作業が可能。例えば訂正,挿入,削除,移動,置換,頭下げ,行末そろえ,文字送り,行そろえ,レイアウト等を自在に行う機能をもっている。入力した文書をフロッピーディスクに保存し,必要なときに保存文書を再利用できる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ワードプロセッサー【word processor】
マイクロプロセッサーを用いて文章の入力・記憶・編集・印字の処理を行う装置。また、そのような処理を行うソフトウエア。ワープロ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ワードプロセッサー
わーどぷろせっさー
word processor
文書を効率よく作成するための機器またはプログラム。文書の入出力や記憶をし、これを改訂、編集することができる。略してワープロということが多い。汎用(はんよう)のコンピュータを利用するものと専用機とがある。
 タイプライターを日常的に使っている欧米では、コンピュータのプログラム作成用に開発された会話型のエディター(編集系)が登場したとき、これで手紙を書いたり、原稿をつくったりするのは自然なことであった。やがて、そのような文書の作成専用のプログラムもつくられるようになった。なかでも、ソルツァーJerome H. Saltzer(1939― )が1965年につくったランオフrunoffと、クヌースDonald Ervin Knuth(1938― )が79年につくったテフTeXや、リードがつくったスクライブScribeは有名である。パーソナルコンピュータには、マイクロプロ社が1978年につくったWord Star以降、さまざまなものがある。現在のワードプロセッサーの多くは辞書を備えていて綴(つづ)りや文法の誤りを検出することができる。
 日本では、漢字の入力の方法と機器の価格が問題で開発が遅れていたが、近年、パーソナルコンピュータの普及とともに出力装置が安くなってきたので、家庭用のワードプロセッサーも普及してきた。これには、6349種の漢字にJIS(ジス)コードを制定したことが大きく寄与している。漢字の入力方式には、漢字ごとに2個程度のキーの組合せを定めておく方式と、漢字の読み方を仮名やローマ字で入力して漢字に変換する方式とがある。後者の仮名漢字(ローマ字漢字)変換方式では、漢字ごとではなく文節や文章ごとに入力するのが普通であり、一般の利用者にはこの方式が便利である。この方式は辞書を用いるので、送り仮名や当て字の誤りが防げる反面、同音異義語のなかから適切なものを選択するのに手間がかかるし、選択の誤りも生じる。この欠点は、辞書を充実して文脈を読み取ることによってだいぶ改善されてきている。入力を漢字符号に変換する部分のプログラムをFEP、IME、IMなどとよび、ワードプロセッサーから独立して他のソフトウェアの漢字入力にも用いられている。
 ワードプロセッサーの重要な機能の一つは、文書をHDDなど他の媒体に記憶させることで、類似の文書をつくる業務や手紙の控えなどに役だつ。もう一つの重要な機能は、文書を改訂することで、手紙や書類や各種の原稿などを気軽に清書し、修正できる効果は絶大である。この機能を十分に発揮するため、文章の入れ換えや複写、字句の探索などができるようになっている。また、よく使われる長い単語や文章を登録しておいて短い読み方で引用したり、グラフの作成や表の計算をしたりすることができるようになっているものも多い。[西村和夫]
 ワードプロセッサー用ソフトウェアの高機能化に伴い、文章や表組みに加えて画像などのグラフィックスも扱えるようになっている。レイアウトの自由度も高く、出版用のDTPソフト並みの機能をもっている。おもなソフトウェアとして「ワードWord」や「一太郎」などがある。また、文字(テキスト)の入力と編集のみに特化した場合、テキストエディターが使われることが多い。Windows(ウィンドウズ)に付属する「メモ帳」などがそれにあたる。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ワード‐プロセッサー
〘名〙 (word processor) コンピュータによる文書の作成装置。キーボードからの入力により文字がディスプレーに表示・変換され、プリントアウトもできる機械。ワープロ。〔オフィス・オートメーション入門(1980)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワードプロセッサー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワードプロセッサーの関連情報

他サービスで検索

「ワードプロセッサー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.