Rakuten infoseek

辞書

ワーグマン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ワーグマン
Wirgman, Charles
[生]1832.8.31. ロンドン
[没]1891.2.8. 横浜
イギリスの画家。 1857年頃『イラストレーテッド・ロンドン・ニューズ』の特派員として東洋に派遣され,安政6 (1859) 年から横浜に住んだ。記事を送るかたわら日本の風俗を油彩や水彩で描き,また風刺漫画の月刊誌『ザ・ジャパン・パンチ』を発行。高橋由一五姓田義松をはじめ,幕末から明治前期の洋画家で彼の指導を受けた者も多い。主要作品『腰越風景』 (70頃,東京国立博物館) ,『飴売り』 (77頃,同) ,『かね子夫人像』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ワーグマン(Charles Wirgman)
[1832~1891]英国の画家・ジャーナリスト。1861年(文久元)ごろ、挿画入り新聞の特派員として来日し、横浜に定住。62年、時局風刺の漫画雑誌「ジャパンパンチ」を創刊。また、高橋由一らに油絵を指導した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ワーグマン Wirgman, Charles
1832-1891 イギリスの画家,新聞記者。
1832年8月31日生まれ。もと陸軍大尉。文久元年(1861)来日。小沢カネと結婚して横浜にすむ。「イラストレーテッド-ロンドン-ニューズ」特派員として,生麦(なまむぎ)事件,薩英(さつえい)戦争などを絵と記事にした。文久2-明治20年風俗風刺漫画誌「ジャパン-パンチ」を発行。また高橋由一(ゆいち)らに洋画をおしえた。明治24年2月8日横浜で死去。58歳。ロンドン出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ワーグマン【Charles Wirgman】
1832‐91
画家。ロンドンに生まれる。元陸軍大尉であったが,退役後の1857年に《イラストレーテッド・ロンドン・ニューズ》の特派員画家として中国へ渡る。61年イギリス公使オールコック一行とともに長崎から江戸へのぼる。同年の東禅寺襲撃事件に遭遇し《浪士乱入図》を描いたのをはじめとして,生麦事件から薩英戦争,下関砲撃事件あるいはイギリス人士官殺害事件などの,激動期の日本の動向をつぶさに描き,それらは《イラストレーテッド・ロンドン・ニューズ》に逐次紹介され,貴重な記録となっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ワーグマン【Charles Wirgman】
1832~1891 イギリスの画家・ジャーナリスト。1858年絵入り新聞の特派員として来日し横浜に永住。62年、「ジャパンパンチ」創刊。幕末維新期の事件・風俗を風刺的に描き、また高橋由一・五姓田義松らを指導し日本洋画の発展に貢献。 → ポンチ絵

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ワーグマン
わーぐまん
Charles Wirgman
(1832―1891)
イギリスの画家。ロンドンに生まれる。パリで絵の修業をし、帰国後、陸軍に入る。陸軍大尉で退役し、『イラストレイテッド・ロンドン・ニューズ』の特派美術通信員として中国に渡る。1861年(文久1)来日し、以後、日本で美術通信員の仕事を続ける。水戸浪士の東禅寺襲撃事件、生麦(なまむぎ)事件、薩英(さつえい)戦争、鉄道開業式、西南戦争など幕末維新の大事件を画で西欧に報道した。62年からは時局風刺雑誌『ジャパン・パンチ』を横浜で刊行し、居留外国人の情報・娯楽誌として好評を受ける。この雑誌は日本人にも影響を与え、日本の新聞に漫画が登場し、「ポンチ」ということばを流行させ、87年(明治20)まで25年間続く長寿雑誌となった。63年には小沢カネと結婚し1子をもうけている。油彩画、水彩画も描いたことから高橋由一(ゆいち)、五姓田芳柳(ごせだほうりゅう)らが弟子入りし、日本近代洋画成立期の指導的立場にあった。横浜で没。[清水 勲]
『酒井忠康著『海の鎖――描かれた維新』(1977・小沢書店) ▽清水勲編『ワーグマン日本素描集』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ワーグマン
(Charles Wirgman チャールズ━) イギリスの画家、ジャーナリスト。文久元年(一八六一)頃、「イラストレーテッド‐ロンドン‐ニューズ」の特派員として来日。通信以外に洋画を教え、明治初期における洋画発展の基礎をつくった。また、外国人向漫画雑誌「ジャパン‐パンチ」を刊行、日本風俗の漫画を描いた。(一八三二‐九一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

ワーグマン
Charles Wirgman
1832〜91
イギリスの画家
ロンドンの生まれ。『イラストレイテッド‐ロンドン‐ニュース』の特派員として1861年('61・'59・'58・'57年など諸説あり)に来日。横浜に住んで,本務のかたわら洋画技法を教え,明治初期の洋画発展に貢献した。その門下に高橋由一・五姓田 (ごせだ) 芳柳らがいる。日本女性と結婚し,横浜で没した。また日本における最初の風刺漫画雑誌『ザ‐ジャパン‐パンチ』を刊行した('62〜87)。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワーグマン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワーグマンの関連情報

関連キーワード

ハモンドハモンドアービング(Washington Irving)バルザックジョン・L.L.B. ハモンド十二の練習曲サンタンデルショパン雪華図説ヘンリー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.