Rakuten infoseek

辞書

ワンデュ・ポダン・ゾン【わんでゅ・ぽだん・ぞん】

知恵蔵mini

ワンデュ・ポダン・ゾン
ブータン西部にある歴史的建造物。1638年、同国の建国者であるシャブドン・ンガワン・ナムゲルが建立した。当時は寺院と行政機関を併設する防衛拠点として機能していたが、現在は軍事目的での利用はなく、観光名所としても知られている。2012年3月に世界遺産への登録を申請したが、同6月に火災に見舞われ、その大部分を消失した。
(2012-06-29)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワンデュ・ポダン・ゾン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワンデュ・ポダン・ゾンの関連情報

関連キーワード

島原の乱真珠庵鷹筑波集ミニュイット天草四郎ガリレイ新科学対話ルイ(14世)キリシタン関係主要人名田尻なんきん

他サービスで検索

「ワンデュ・ポダン・ゾン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.