Rakuten infoseek

辞書

ワトソン-クリックのDNAモデル【ワトソンクリックノディーエヌエーモデル】

化学辞典 第2版

ワトソン-クリックのDNAモデル
ワトソンクリックノディーエヌエーモデル
Watson-Crick's DNA model

1953年にJ.D. Watson(ワトソン)とF.H. Crick(クリック)によって,R. FranckinとM.H.F. Wilkins(ウィルキンス)のX線回折の解析結果と,E. Chargaffの塩基組成分析の結果にもとづいて提唱されたDNAの二重らせんモデル.このモデルでは,図に示したようにポリヌクレオチド鎖は…糖-リン酸-糖-リン酸…の繰り返し(copolymer)が構造を有する.糖からつき出ている塩基はらせん軸の内側に向いて,中心軸に垂直な平面で塩基対を形成し,らせん構造を安定化している.2本のらせんは右巻きで,鎖は互いに逆平行となっている.らせんの直径は2 nm,それぞれの鎖は3.4 nm で一まわりし,一まわりのらせんには10個のヌクレオチドが並んでいる.したがって,ヌクレオチドの塩基当たりの距離は0.34 nm である.塩基対の形成はDNAのもっとも重要な特徴で,アデニンに対してはチミンが,グアニンに対してはシトシンが対をなし,図のように前者には2本の,後者には3本の水素結合がある.このことは2本の鎖が1本鎖になったとき,その対となるべき鎖の塩基配列は一義的に決定されることを意味し,遺伝情報を子孫に誤りなく伝えるというDNAの生物学的役割をきわめてうまく説明する.このモデルの提出を契機として,分子レベルでの遺伝子の理解が進み,分子遺伝学の急速な進展をもたらした.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワトソン-クリックのDNAモデル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワトソン-クリックのDNAモデルの関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎Watsonマキノ雅広クリックネルソナイトProlog市川崑川島雄三野村芳太郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.