Rakuten infoseek

辞書

ワジ

デジタル大辞泉

ワジ(〈アラビア〉wādī)
アラビア半島やアフリカ北部の、降雨時にだけ水が流れる川。涸(か)れ谷。涸れ川

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ワジ【wadi】
アラビア語で川,河谷河床を意味する語。正しくはワーディーwādīと呼ぶ。アラビア北アフリカなどの乾燥地域の川は,雨季の激しい降雨の際に一時的に水が流れるだけで,ふだんは河床に水をもたない。ワジが意味するのはそのような水無し川,涸(か)れ川,涸れ谷である。本流,支流に対応し大小さまざまな規模のものが存在する。巨大なワジは深く刻まれている場合が多いが,これは気候が湿潤で河川の水量も豊富であった更新世(洪積世)の浸食跡とみなされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ワジ【wādī】
アラビア・北アフリカなど乾燥気候地域の涸れ川。降雨時にのみ水が流れる川。涸れ谷。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ワジ
わじ
wadi
アラビア語で河谷の意味であるが、普段は表流水をみない水無川(みずなしがわ)である。乾燥地域では、降雨時にのみ一時的に水流が発生し、ときには奔流となって流下し、河谷を形成する。普段は降水量が少なく、蒸発量がその20倍にも達する熱帯砂漠などでは、表流水は蒸発するか、地下に浸透して水無川となる。ワジの河床は砂礫(されき)に覆われて比較的平坦(へいたん)であるとともに、地下水がほかの所より浅く、所々に湧(わ)き出てオアシスとなる。このため集落が立地したり、隊商の交通路として利用される。ワジは一時的に水流を生じてもすぐに涸(か)れて広い河床だけが残る。北アフリカ、アラビアではワジ、南アフリカではダンガdanga、インドではヌラnullah、アメリカではアロヨarroyoとよぶ。山茂美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ワジ
〘名〙 (wādī) 砂漠地域にみられる、水のない浅い谷。平常は谷床を露出していて、激しい雨が降ると、濁流となる。涸れ谷。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワジ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワジの関連情報

他サービスで検索

「ワジ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.