Rakuten infoseek

辞書

ワイマール憲法【ワイマールけんぽう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ワイマール憲法
ワイマールけんぽう
ワイマール共和国の憲法。 1918年のドイツ革命によりドイツ帝国が崩壊,翌 19年2月に国民議会が開かれ,議会は「暫定的国権に関する法律」を制定して憲法制定権を獲得,H.プロイスが起草した憲法草案を審議し,大幅に修正したのちに可決した。これが「1919年8月 11日のドイツ国憲法」 Die Verfassung des Deutschen Reichs vom11 August 1919であり,その国民議会の開会地にちなんで一般にワイマール憲法と呼ばれている。前文と 181ヵ条の本文とから成り,本文は2編に分けられて第1編は「ライヒ (連邦) の構成および任務」で第2編は「ドイツ人の基本権および基本義務」であった。これは,近代的憲法は国家の統治機構と権利章典とを定めたものでなければならないとの理念をそのままに具体化したものである。この憲法の特色は次のような点にある。 (1) 連邦制の存続。先のビスマルク憲法の連邦制を継承したが,プロシアの優位と各支分国 (ラント) の権限とは弱められた。そして,ラントを代表する機関としてのライヒ参議院 Reichsratを設け,立法および行政に参加する権限を与えた。 (2) 国民主権の採用。前述の帝制を規範化し,「ドイツ国は,共和国体とする。国権は国民から発する」 (1条) と定め,国民の直接選挙による大統領をおき,元首で最高行政機関とした。 (3) 民主主義的諸制度の広範な導入。ライヒ議会 Reichstagなどの選挙における完全な普通,平等,直接,秘密の原則の保障,比例代表制の採用,国民票決,国民発案などの直接民主制度の大幅な導入などを行なった。 (4) 社会権的人権の保障。第2編において国民の基本権の保障についての 50ヵ条をこえる規定を設け,法のもとの平等の原則を認め,また伝統的な自由権を保障するほか,プログラム規定としてではあるが社会主義的な生存権的基本権を定め,その後の世界各国の憲法の先駆となった。しかし,その後のナチスの台頭により,大統領の緊急命令発布権 (48条) に基づいて出された 33年2月の「国民および国家を保護するための大統領令」は国民の自由を大幅に制限し,さらに同年3月の「国民および国家の困難を除去するための法律」 (いわゆる授権法 ) はこの憲法をまったく形骸化してしまった。そしてドイツは崩壊へ向かった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ワイマール‐けんぽう〔‐ケンパフ〕【ワイマール憲法】
1919年、ワイマールで開かれた国民議会で制定されたドイツ共和国憲法。国民主権、男女平等の普通選挙の承認に加えて、新たに所有権の義務性、生存権の保障などを規定し、20世紀の民主主義憲法の典型とされる。1933年のナチスの政権掌握によって事実上消滅。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ワイマールけんぽう【ワイマール憲法 Weimarer Verfassung】
第1次大戦後のドイツ革命によってドイツ帝政は崩壊し,それに代わっていわゆるワイマール共和国が成立した。1919年1月19日の総選挙によって選ばれた国民議会が,2月6日チューリンゲンの小都市ワイマールに新しい憲法の制定を主要任務として召集され,7月31日にドイツ共和国憲法Reichsverfassungを可決した。8月11日大統領がこれを認証し,8月14日公布,この日から実施された。そこで,この憲法をワイマール憲法と呼び,その時代のドイツをワイマール共和国というのが通例である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ワイマールけんぽう【ワイマール憲法】
1919年、ワイマールにおいて国民議会が制定したドイツ共和国憲法の通称。国民主権・議会制民主主義の採用のほか、初めて社会権の保障について定め、二〇世紀民主主義憲法の先駆け・典型といわれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ワイマール憲法
わいまーるけんぽう
Weimar Verfassung
1919年に公布されたドイツ共和国憲法。第一次世界大戦後のドイツ革命によってドイツ帝政が崩壊したのち、普通・平等・比例選挙によって選ばれた国民議会が1919年7月31日に議決し、翌8月1日に公布された。このときの国民議会がワイマールで開かれたのでこの名がある。ワイマール憲法はビスマルク憲法と異なり、民主主義の原理のうえにたったドイツ国民の強い統一を指導理念とし、さらに社会国家的色彩をもつ憲法で、その後の世界の民主主義諸国に強い影響を与えた。[池田政章]

特色

国民主権主義に立脚し、普通・平等・直接・秘密・比例代表の原理に基づいた選挙による議院内閣制を採用しながら、同時に若干の直接民主制を認め、他方、19世紀的な自由主義に基づきながら、20世紀的社会国家の立場をとっている。所有権の義務性を認め、人間に値する生存(生存権)を保障しており、それらの点で20世紀民主主義憲法の典型とされる。この優れたワイマール憲法も1933年のヒトラー政権による「授権法」をはじめとする一連の立法によって形骸(けいがい)化され、事実上廃止された。[池田政章]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ワイマール‐けんぽう ‥ケンパフ【ワイマール憲法】
第一次世界大戦に敗北したドイツ帝国の崩壊後、一九一九年、ワイマールに召集された国民議会で成立したドイツ共和国憲法。国民主権、男女平等の普通選挙の承認に加えて、新たに所有権の義務性、生存権の保障などを規定し、近代の民主主義憲法の典型とされる。一九三三年のナチスの政権掌握によって消滅。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイマール憲法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ワイマール憲法の関連情報

関連キーワード

牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))第1次世界大戦芥川龍之介

他サービスで検索

「ワイマール憲法」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.