Rakuten infoseek

辞書

ローリエ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ローリエ
Laurier, Sir Wilfrid
[生]1841.11.20. サンラン
[没]1919.2.17. オタワ
カナダの政治家。首相(在任 1896~1911)。マギル大学で学び,1864年卒業後ただちに法曹界に,1871年にはケベック州議会議員に選出され政界に入る。1874年連邦下院議員に当選。カナダ自由党(自由党)に属し,1877年マッケンジー内閣の内国税収入担当大臣として入閣したが,1878年の選挙で自由党が敗北し野党にまわった。1887年エドワード・ブレークを継いで自由党党首に選ばれ,1896年マニトバにおけるフランス語による教育をめぐって争われた選挙で勝利を収め,首相に就任(→マニトバ学制問題)。在任中カナダは未曾有の繁栄下にあり,経済問題にわずらわされることなく,カナダの自治の推進をはかった。1899年南アフリカ戦争が勃発し,カナダは軍隊の派遣を求められたが,フランス系カナダ人はそれに反対した。自身もフランス系カナダ人であったが,志願兵を南アフリカへ派兵するというかたちでカナダ内部の対立を回避し,イギリス帝国におけるカナダの発言権を増加させた。また在任中イギリス軍は完全にカナダから撤退し,カナダ海軍が創設されてカナダは自国の防衛の責任を負うことになった。1910年にはアメリカ合衆国から互恵通商条約締結の申し出があり,カナダの国家としての地位は完成に近づいたかのようであった。しかし海軍法がケベックで不人気であったことと,保守党と自由党の一部がナショナリズムを旗印にアメリカとの互恵に反対したことにより,1911年の選挙で敗北。下野したあとも隠然たる勢力をふるい,第1次世界大戦では保守党の戦争遂行政策を支持して国論の統一に寄与したが,1917年の保守党による徴兵制の導入には反対し,この結果自由党は二分裂して弱体化した。1897年ナイトの称号を贈られた。(→カナダ史

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ローリエ(〈フランス〉laurier)
月桂樹(げっけいじゅ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ローリエ

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

ローリエ
ギリシャ神話において、ローリエは美しい妖精ダフネの化身。そして、太陽神アポロンの王冠となっていることでも知られます。
 そのため、古くから栄光と英知の象徴とされ、戦いの勝者や英雄には、ローリエの王冠を捧げる風習がありました。
 また、雷除けのお守りとして、宮殿や広場に植樹されていたそうです。
 ちなみに、ローリエはフランスでの呼び名で、イギリスではローレルもしくはベイリーフ、日本では月桂樹(げっけいじゅ)の葉。学名はラウルス・ノビリスで、これは「高貴な常緑樹」という意味です。
 ローリエには、健胃、消化促進、鎮痛、消炎、発毛促進などといった作用があります。
 具体的症状としては、胃弱、消化不良などに効果を発揮します。
○外用としての使い方
 精油や煎(せん)じ液を入浴剤にすれば、じん帯の損傷、神経痛、リウマチ、痛風(つうふう)などの痛みを鎮めるのに有効なほか、刻んだ葉をアルコールに漬けたローションは薄毛、抜け毛の防止に役立ちます。
〈臭みを消す効果が高く、シチューやカレーの必需品〉
○食品としての使い方
 ローリエは、シチューやカレーなどの煮込みには欠かせません。すがすがしい芳香があると同時に、素材の臭みを消す効果が高く、クセのある肉や魚、内臓の料理にはピッタリです。
 乾燥品をよく使いますが、香りが強いので使うのは1~2枚で十分。香りを生かしたいときは、シチューやカレーの素材を炒め合わせるときに、やわらかな香りに仕上げたいときは、煮込みの段階で加えるのがコツです。また、長く煮込むとにがみがでるため、香りが移ったらすぐ取り出します。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版

ローリエ【Wilfrid Laurier】
1841‐1919
カナダの政治家。フランス系カナダ人として初の首相(在職1896‐1911)。ロワー・カナダに生まれるが,父親の英断で幼少のころイギリス系の家庭に下宿して英語の学校へ通い,完全に英仏両語を駆使するようになった。マッギル大学を卒業。学生時代にはコンフェデレーション(統合)に反対する急進派のルージュ党に属したが,その後法律事務所に勤め,あるいは雑誌の編集に携わって生計をたてるうちに思想的に穏健になっていったといわれる。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

ローリエ【laurier】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ローリエ
ろーりえ
Wilfrid Laurier
(1841―1919)
カナダの政治家。自由党に所属し、フランス系カナダ人としては初の首相(1896~1911)。マギル大学卒業後弁護士となり、1871年ケベック州下院議員に、引き続いて74年カナダ連邦下院議員に選出されて政界に入る。87年自由党党首となり、90年代カナダ政界を震駭(しんがい)させたマニトバ学制問題への巧みな対応により、96年より政権を担当した。ローリエの時代は、世界的な好況がカナダにも波及して未曽有(みぞう)の経済的繁栄を実現した。カナダ西部には世界各地から移民が到来し、1905年にはサスカチェワン、アルバータの二州の誕生をみている。英仏両語を完全に駆使した彼は、カナダの懸案である民族問題の操作に腐心したが、09年、イギリスからイギリス海軍への協力を求められた結果、カナダ独自の海軍を創設し、イギリス海軍への直接の協力を主張するイギリス系とカナダ海軍創設を帝国主義協力として反対するフランス系の票に敗れて下野した。その死まで自由党党首を務め、政界への影響力は大きかった。[大原祐子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローリエ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローリエの関連情報

関連キーワード

天保の改革ウィリアムHハリソンアストンエルメレンスサージェントファーブル-ブラントブラントンブリンクリープレグランメンデンホール

他サービスで検索

「ローリエ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.