Rakuten infoseek

辞書

ローランの歌【ローランのうた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ローランの歌
ローランのうた
Chanson de Roland
フランス文学最古叙事詩。 11世紀末頃成立と推定される。「武勲詩」のうちシャルルマーニュ伝説に属する作品。作者はチュロルドと目されるが確定していない。 778年シャルルマーニュ (カルル大帝) の最後衛部隊がスペインからの帰途ピレネー山中のロンスボーの谷でバスク人の襲撃により全滅した史実に基づく。作品はいくつかの「歌謡」が凝集され,新しい要素が加えられて成立したと思われる。構成は悲劇の原因,悲劇,復讐の3部から成り,英雄賛美,神の与える使命感という中世騎士貴族の理想が描かれている。合計 17種の写本のうちオックスフォード写本が最も古く原形に近いとされている。ドイツの『ニーベルンゲンの歌』とともに中世ヨーロッパ叙事詩の二大傑作。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ローランのうた【ローランの歌 Chanson de Roland】
中世フランスの最古の武勲詩。11世紀半ばより口誦詩として発展,世紀末に現在の姿(オックスフォード本)となる。純粋に口誦詩として存在した原《ローランの歌》の作者は知るよしもないが,オックスフォード本の場合最後の詩句で名のる〈チュロルデュスTuroldus〉が作者ないし改作者であろう。主題は778年シャルル(カール)大帝のスペイン遠征の史実に基づくが,オックスフォード本《ローランの歌》では当時のイスラムに対する再征服と十字軍の気運の中でキリスト教世界とイスラム世界との対決の物語となり,戦士の倫理感と聖戦思想にあふれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ローランのうた【ローランの歌】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ローランのうた【ローランの歌】
(原題La Chanson de Roland) フランス最古の叙事詩。作者未詳。一〇五〇年ごろ成立。シャルルマーニュの史実に基づき、その甥ローランがスペイン遠征の際、しんがりの軍の隊長となり、サラセン軍の襲来に最後まで踏み止まって、援軍を求める角笛を吹きながら戦死するまでの武勲をうたう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ローランの歌
ローランのうた
Chanson de Roland
中世フランスの騎士道物語
11世紀末に北フランスで成立した,フランス最古の叙事詩。シャルルマーニュ(カール1世)の軍とイスラーム軍との対戦,その家臣ローランの武功友情と恋を歌った歌謡物語。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローランの歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローランの歌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.