Rakuten infoseek

辞書

ローズマリー

デジタル大辞泉

ローズマリー(rosemary)
シソ科の小低木。高さ約1メートル。全体に芳香がある。葉は線形で裏面に綿毛があり、対生する。初夏、淡紫色唇形の花をつける。葉から香油をとり、香水や石鹸(せっけん)などに、また香草として肉料理などに用いる。地中海沿岸地方の原産迷迭香(まんねんろう)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ローズマリー
 [Rosmarinus officinalis].マンネンロウともいう.シソ目シソ科の植物の若い葉から作るスパイスの一つ.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

ローズマリー
ローズマリーは、ハーブのなかでも1、2を争うほど、美しい花を咲かせることで知られます。
 古代ギリシャでは、頭の働きをよくするハーブとされ、受験を迎えた学生たちは、髪にローズマリーの花輪を飾って好成績を祈りました。
 また、ハンガリーの女王が若さを保つために使ったという伝説もあり、いまも若返りのハーブとして人気があります。
 ローズマリーには、抗菌、胆汁(たんじゅう)の分泌促進(ぶんぴつそくしん)、駆風(くふう)(腸管内にたまったガスの排除)、利尿、発汗促進、抗酸化といった作用があるほか、気分を晴れやかにして精神を安定させ、神経系の調和をとる働きもあります。
 具体的症状としては、消化不良、腹部膨満、頭痛、うつ病、不安神経症などに効果的。
○外用としての使い方
 ローズマリーを漬けたブランデーでマッサージをすると、リウマチや神経痛の痛みを抑えるのにも役立つといわれています。
〈香りの持続性が高く、肉の臭み消しには効果バツグン〉
○食品としての使い方
 ローズマリーには樟脳(しょうのう)やお茶に似た強い芳香と、やわらかなほろにがさがあります。
 この香りは持続性が高く、肉の臭み消しにたいへん効果的。また、カリフラワーやカブ、ジャガイモをゆでるとき、お湯にひとつまみ加えたり、ソースやドレッシングにひと振りしても、風味よく仕上がります。葉を浸しておいた牛乳を、プリンなどのお菓子に使うのもいいでしょう。
 ただ、香りが強いので、とくに粉末のものを使う場合は、使う量をひかえめにしておくのが無難です。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版

ろーずまりー【ローズマリー】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

ローズマリー【rosemary】
シソ科の常緑低木。地中海沿岸地方原産。高さ約1.5メートル。葉は線形。春から夏、葉腋に鮮青色の唇形花をつける。全体に芳香があって香料・薬用とし、花は蜜源となる。迷迭香まんねんろう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ローズマリー
マンネンロウ(万年蝋)」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ローズマリー
ろーずまりー
rosemary
[学]Rosmarinus officinalis L.
シソ科の低木。和名をマンネンロウという。地中海沿岸原産で、古くからこの葉をハーブ(香草)として親しんでいる。高さは0.6~1.2メートル、葉は長さ3センチメートルの細い革質で、両縁が裏側に巻き込んでいる。葉の裏面は綿状に毛が密生し、灰色にみえる。4~5月に葉腋(ようえき)に淡紫色花をつけ、香りがよい。この花からとれた蜂蜜(はちみつ)は最上品質とされ、南フランスの名産である。葉には甘い香りがあり、迷迭香(めいてつこう)とよばれる香油をとり、せっけんや香水をつくる。香りの成分はピネン、シネオール、竜脳、樟脳(しょうのう)などである。
 日本へは文政(ぶんせい)年間(1818~1830)に渡来したが、あまり栽培されない。4月に実生(みしょう)または挿木、株分けで殖やす。暖かい乾燥気候の所でよく育つ。[星川清親]

食品

直射日光を避けて風乾された葉は細く反り返った松葉状で、新鮮な甘い芳香と刺激的なほろ苦さをもち、においだちがよく、かつ長続きするのが特徴である。この強い香味が肉の臭み消しになるので、肉料理にはよく用いられる。各種スープ、シチューや、バーベキューソースなどのつけ焼きのたれにもよく、ポテト、カリフラワーなどのゆで野菜にふりかけて食べたりする。口臭除去の効果もある。古代ギリシアの時代からヨーロッパではこのローズマリーが頭脳を明晰(めいせき)にし、記憶力を増す力があると信じられ、また魔女や悪魔除(よ)けにも使われていたという。[齋藤 浩]

文化史

ローズマリーはラテン語のロスマリヌスRosmarinus(海のしずく)に由来し、海に面した崖(がけ)に多いことから名づけられた。古代のローマで栽培され、花冠に編み、ギリシアでは体を暖める薬として飲用した。中世のイギリスやフランスでは死者に持たせ、葬儀には小枝を持って参列し墓に投げ入れた。結婚式には、香水をかけ、金粉をまぶして飾った。シェークスピアは『ハムレット』でオフィーリアにローズマリーを持たせ「忘れないでね」と語らせる。花言葉の一つは「変わらぬ愛と思い出」。[湯浅浩史]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローズマリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ローズマリーの関連情報

他サービスで検索

「ローズマリー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.