Rakuten infoseek

辞書

ロレーヌ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ロレーヌ
Lorraine
ドイツ語ではロートリンゲン Lothringen。フランス北東部の地方,また地方行政区の地域 (レジオン) 。ボージュ,ムルトエモーゼル,モーゼル,ムーズの4県から成る。中心都市はナンシーパリ盆地の東部からボージュ山脈の西斜面まで広がる高原地帯で,ルクセンブルクとブルゴーニュ,ドイツとフランスの間の十字路にあたり,古くからしばしば領有が変った。 13世紀末から次第にフランス王の勢力が浸透し,それまでのドイツ皇帝の支配を脱して,1766年にはフランス領。普仏戦争後 (1871) から第1次世界大戦後 (1919) までは,一部 (現モーゼル県域) がアルザス地方とともにドイツ領となり,また第2次世界大戦中 1940~44年には全域がドイツの占領下にあった。豊富な鉄鉱石石炭によりフランスの主要な重工業地域をなし,特に 60年代から重要な経済圏として発達。ロレーヌ地方からルクセンブルクにかけてミネット型鉄鉱床が発達し,魚卵状または土状の褐鉄鉱が特徴である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ロレーヌ(Lorraine)
フランスグラン‐エスト地方中部の地域。鉄の産地で工業が発達。北東のモーゼル県はアルザスとともに長年ドイツとの係争地。地方政府はメスにある。ドイツ語名ロートリンゲン。→アルザス‐ロレーヌ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ロレーヌ
《Lorraine》フランス海軍の戦艦ブルターニュ級の3番艦。1913年進水、1916年就役の超弩級戦艦。第二次世界大戦中、イギリス海軍による武装解除ののち、自由フランス海軍所属となり、ノルマンディー上陸作戦にも参加。1954年退役。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ロレーヌ【Lorraine】
フランス北東部,ムルト・エ・モーゼル県,ムーズ県,モーゼル県,ボージュ県にまたがる地域régionで,ドイツ名はロートリンゲンLothringen。面積2万3540km2,人口231万(1994)。
[自然]
 東端にあるボージュ山地を除くと,地質的にはパリ盆地の沖積層に続くロレーヌ台地が大部分を占め,モーゼル川とムーズ川沿岸には砂岩質,泥灰岩質,粘土質の地層が交互する。ロレーヌはパリから東へメッス,ザールブリュッケンを経てフランクフルトへ向かう東西軸と,ローヌ川ソーヌ川,モーゼル川の南北軸が交差する重要な地点にある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ロレーヌ【Lorraine】
フランス北東部の地方。ドイツ語名ロートリンゲン。 → アルザスロレーヌ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロレーヌ
ろれーぬ
Lorraine
フランス北東部の地方、旧州名。ドイツ語名ロートリンゲンLothringen。パリ盆地外縁部の台地で、東のボージュ山脈を境にアルザスと接し、北西はアルデンヌ高原に続く。ミューズ川とモーゼル川が北流する。現在も行政地域名として用いられ、ミューズ、ムルト・エ・モーゼル、モーゼル、ボージュの4県に相当。面積2万3547平方キロメートル、人口231万0376(1999)。[大嶽幸彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ロレーヌ
(Lorraine) フランス北東部の地方名。豊富な地下資源(鉄鉱石など)と水運の利便さにより、重工業が発達。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ロレーヌ

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロレーヌ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロレーヌの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.