Rakuten infoseek

辞書

ロライマ山【ろらいまさん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ロライマ山
ろらいまさん
Monte Roraima
南アメリカ北部、ギアナ高地パカライマ山脈中にある山。ブラジルベネズエラガイアナ三国国境に位置する。標高約2800メートル(2772メートル、2810メートル、2875メートルなどの測定値があり未確定)。1962年にネブリナ山(3014メートル)が発見されるまではギアナ高地の最高峰とみられていた。山頂部は先カンブリア時代の硬い砂岩、珪岩(けいがん)、礫岩(れきがん)などの水平層よりなり、テーブル状の山容を呈する。[松本栄次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ロライマ‐さん【ロライマ山】
Monte Roraima》南アメリカ、ギアナ高地にある山。ベネズエラ、ガイアナ、ブラジルの三国の国境に位置する。標高約2800メートル。テーブル状の山容で、1000メートル近い高さの断崖に周囲を囲まれる。ベネズエラ側はカナイマ国立公園に指定。ホライマ山

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロライマ山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ロライマ山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.